« どうやって空を飛ぶの? | トップページ | 都市の記憶 »

2010/06/28

散らかしているのではないのですが…

Ts350837

実施設計も終盤。最後のチェックを行なっていて、試験前の総仕上げのような状態。

細かい納まりや使い勝手、色の組み合わせなど、抜かりないかどうかと。

色見本やらファブリックのサインプルやらを並べて、検討中。

 

 

私のやり方は自分の動作する動線上にサンプルを並べておいて、ふと目についた時にどう感じるか?で何度もチェックする方法。ときどき、前にたたずみながら、ブツブツと真剣に考える。

この方法だと自分の心の中の明暗も含め、いろいろな感情の場面での受け取り方の変化もわかる。つまり思い込みを避け、客観的に考えられるということ。ひとりよがりが一番良くないので。

デメリットといえば、他人から見るとただ単に散らかしているように見えるらしい…こと。私にとってはとても大切な「検討のための展示」なんだけど^^

 

さて、今回の計画は家具で構築された家。

建て主さんご夫妻とかなり緻密な計画をしているので、とても面白いことになっている。うふふ、出来上がりが楽しみ。

 

この計画の最中だけで、仕事用のアイディア雑記帳の2冊が終わり3冊目に突入。

いろいろなアイディアの過程が書き込んであって読み返してみると我ながら面白い。最初はキッチンの作業台も計画していてタイル割りまで書いてあったりする。やる気マンマンだったね^^その後ドレッサーやソファなどの初期の過程が。「あ~、ここから出発したんだ」などと回想したりして。

 

昨日、さらにワゴンも作ることになり、頭の中が散らかっています^^

 

上のお写真 写真があまり良くなくてゴメンナサイ。

お客様にタイシルクを頂きました。これで奥様とおそろいの生地でスカートを作ることに。こちらもチラチラとちら見しながらデザインをあれこれと。でも、作業にとりかかるのはこの実施設計を終わらせてからとお約束しています。

|

« どうやって空を飛ぶの? | トップページ | 都市の記憶 »

葉山・一色の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうやって空を飛ぶの? | トップページ | 都市の記憶 »