« 多田祐子連続講座 建築を語る Ⅱじっくりと向かい合う | トップページ | すぐに自分流に試したくなる性分 »

2010/04/21

入浴剤の作り方 お試しあれ

Ts350809

前回の手作り編にて入浴剤のレシピは?とのご質問をポツポツと頂きましたので。

●重曹 大さじ1

●クエン酸 大さじ半分

●お好みのアロマオイル 3滴

これをジャムなどの空ビンに入れ、混ぜ合わせます。

それを、ザザーッとお風呂にいれるだけ。

シュワシュワ~っと泡がでてきますよ。

混ぜ合わせる時、私はハーゲンダッツのアイスクリームのスプーンを使います。このスプーンはとても便利で、クリームやジェルなどのスパチュラとしても使用してます(主婦的発想)

混ぜる時は頭の中で美しいものをイメージしながら……美しく輝いている自分の姿などいかがでしょう?^^私にはなぜか難しいですが。

 

 

アロマオイルは雑貨として売られている合成のものではなく、オーガニックなオイルを使います。

私が良く使うのはオレンジのオイル。今春のように雨の続く日には、太陽をたくさん浴びたオレンジに惹かれます。良く眠りたい時には、ラベンダーかな。

この入浴剤だと重曹が入っているので浴槽もヨゴレが少なくてすみます(主婦的発想)乾燥しがちな方は全体的な量を少なくしてみてください。さらにコーンスターチやハチミツをクエン酸と同量くらい入れると良いようです。

 

そうそう、私は「おでこ」を褒められることがとても良くあります。その度に横に夫がいる時は「ぶぶっ」と笑います。きっと、また言われている~、と思うのでしょう。

「どうしたら、多田さんのようなピカピカなそのおでこのようなツヤのある肌になりますか?」

「お化粧品は何を使っていますか?」などのような質問も、なぜかおでこのあたりをを見ながらほとんどの方が聞かれます。

ポイントは「おでこ」なのでしょうか。

芸術関係の方には特に魅力的な存在のようです。どこがどのように良いのかは私にはよくわかりません、、、なにせ見えないので……。絶対に前髪は下ろさないように。と言われます。

おでこ選手権(何を競うのか?)とか、おでこ限定パーツモデルとかあれば教えてください。

 

特別なことは何もしていません、特におでこには……。

食べものと洗顔には特に気を配って毎日楽しく行なっています。優しいもの優しく使うことかな~。

それくらいですね^^

Ts350811

やっと、豆乳を飲みきった(私は牛乳が飲めません……)のでこの空き箱で石鹸を作る予定。

|

« 多田祐子連続講座 建築を語る Ⅱじっくりと向かい合う | トップページ | すぐに自分流に試したくなる性分 »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多田祐子連続講座 建築を語る Ⅱじっくりと向かい合う | トップページ | すぐに自分流に試したくなる性分 »