« アートが教えてくれること | トップページ | 21日間で見えてくるもの »

2010/03/04

ノブレスオブリージュ~極みへの道

Photo

昨日、鎌倉でリフォームを行なっていた現場が完成した。

床を床暖房にし、くりの無垢板に貼替えた。その他諸々。

できたての床に、車座になり、お茶をいただいた。

 

 

 

暖かいお茶と暖かい床暖房、そして暖かい会話。

心地良い時間は流れ、あっという間に時間が過ぎ…まさにおしりに根がはえたのです^^

 

ここにお住まいのご夫妻もとても素敵なお二方。

とてもあたたかくそしてエレガント。

ご主人様はスペインにお詳しく、もはや夫は門下生。

 

昨日は最後だったのでお願いしていた大工のK兄弟も交えて歓談。

そこで

一流の職人さんの仕事はノブレスオブリージュに通じるところがあるね、と言う話になって。

 

よく、建築の専門書を読んでいると、

エレガントな建築

と表現(日本語に翻訳しにくい形容詞なのかな)されていることがあるのだけど、

そういった時に使うエレガントさのことと同じではないかと。

(ファッションや女性のカテゴリー分けで使われている意味とはまた違う気がします)

ノブレスオブリージュは貴族の心を貫くことだと考えているのだけど

それは「何かを極めること」につながっていくのでしょうね。

  

何かを極めることは

身体も頭も心もまるごと使う。

言葉にするととたんにチープなものになってしまうような気がして言葉に出来ない。

 

本当に素晴らしいものって、感じとるものであると

私はこの仕事をさせてもらっていて、その道を極めた職方に会うたびにその背中で教えられ、その度にゆるみがちな身体と心を引き締めることとなる。(実際に身は引き締まった^^)

 

私も自分の道を極めていきたい。と思う。

そう、ノブレスオブリージュ……エレガントに。

 

ご夫妻と大工K兄弟との有難いご縁には感謝。

こうして日々、技術を超えた人間学のようなものを学びながら、仕事が出来るのは本当に有難い。

そして私がお客様の立場でいる時はこのご夫妻のようでありたいと素直に思う。

 

どうぞ新しくなったお住まいでは

ステキな日々を過ごされますように。

感謝を込めて。

|

« アートが教えてくれること | トップページ | 21日間で見えてくるもの »

リフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートが教えてくれること | トップページ | 21日間で見えてくるもの »