« 余計なお世話だけど、気になること | トップページ | アートが教えてくれること »

2010/02/19

いつになったら…いつになっても

Fukutomikichen02

アトリエでトーヨーキッチンのSさんと打ち合わせ中

「多田さん、北鎌倉の家の写真はまだホームページにアップされないのですか?」と聞かれて

「ああ、そうでした。早くアップしなくては…」

 

 

北鎌倉の家は、空間が複雑に絡み合っているのがとても楽しい家。だから写真より実物のほうがだんぜん面白い。

つまり…うおぉ~、と腑に落ちるくらいの写真が撮れないので、のびのびになっています。ごめんなさい。どうぞ気長にお待ち下さいませ。

 

さてこのキッチン

シンク部分がトーヨーキッチン。他はすべてオリジナルで作っています。さっくりと出来ているようですが、かなりの時間と手間をかけてプランニングした記憶がよみがえります。大工さん、サッシ屋さん、家具屋さんを悩ませたところです。私も悩みました。

 

 

ついに、ここに大きなベンチを置くことになりました。

このダイニングテーブルの「クスの木」の端材を使って作ります。

端材と言っても、60cm×2m 私より大きい。

つくるにあたってあれこれ悩みました。椅子のことを考えているときはいつも頭の中が「イス・イス・イス」です。

あるときひゅいーーーんと思いつき、うぃ~んとスケッチで検討。もちろん夫のあれやこれやも加わります。

私のうぃ~んのスケッチをもとに、製作工場から図面が届きました。

上がってきた原寸大の施工図面にくれよんのような赤鉛筆で今度はぐぃ~んとチェック。もちろん図面のほうが私より大きい。書家の大家になったようです。

Leaf bench

ほぼ曲線でできたデザインでかなり面白いものになる予定。今工場で作成中。出来上がりが楽しみ^^

できたら、ホームページに載せよう。

さていつになることでしょう…

 

Ts350796

高校生の頃から愛用しているMITUBISHIのDERMATOGRAPH。消しゴムバージョンもあります。先日生協のおにいさんが、「ああ、それなつかしいっすね。まだあるんっすか?」と目を輝かせていました。うふふ、まだあるのです。

 

|

« 余計なお世話だけど、気になること | トップページ | アートが教えてくれること »

北鎌倉の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 余計なお世話だけど、気になること | トップページ | アートが教えてくれること »