« 風土と街並み | トップページ | Art de vivre~人生それは生活のアート »

2010/01/22

続ける力

Ts350786

かめの歩みで進んでいるフランス語。

ようやく過去形から半過去形、そして未来形までたどり着き、恐るべし動詞の活用を暗記しているところ。

一つの動詞に24個の変化形があるのでかなり苦しい。

 

 

最近では夫がスペイン語を学び始め(今日で3日目なので続くかな?^^)、明日は息子が英検の試験。

今、我が家では日本語を含めると4ヶ国語が飛び交っている。グローバル。ははは。すべて初心者レベルなのがかわいいかも。

 

語学の勉強は持続力。

数学や理科などは法則が理解できればある程度解ける、つまりゴールからの出発といったイメージかな。脳の動きでいうと、私はこちらが得意。ラフスケッチぐるぐる→ディテールつめる のような。

語学はスタートからコツコツだ。先が見えない。法則はあっても例外が多すぎる~っ!

歩いている途中で、ふと

どうして動詞がわざわざ24個も形を変えて存在するか?フランス人は瞬時にきちんと使い分けているのか?などと考えているといけない。一気にやる気がなくなる。

 

語学を続けている理由のひとつは、「コツコツ続ける」という能力を衰えさせたくないから。それには語学学習はもってこいだということで。壁にぶち当たることで、「初心わするべからず」とアラフォーにもなると忘れてしまいがちな謙虚な気持ちも度々思い出すことになる。

私の好きな作家や芸術家は皆コツコツコツと(コツが人より多いくらいコツコツなのだ)続けている人だちだし、仕事などでお会いする機会のある魅力的な方はなにかしら「続けている」方が多い。

「続ける力」

それが基礎体力となってぶれない軸を作り上げるのではないかな、と。そこにその人の魅力が光るのかなぁ。

こんなことでも言い聞かせていないと、この途方も無い動詞の活用とは向かい合えないのかもしれない…私です^^がんばれ、私!

原書はいつになったら読めるようになるのだろうか?

目の黒いうちに読みたいものだ…

この参考書は良かったです。日本文で説明しづらい文法が解説されています。

 

|

« 風土と街並み | トップページ | Art de vivre~人生それは生活のアート »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

うん、こつこつと続けるのが正統派でしょう!
私はにわか何とかだから、、鶏のようにあっちを突っついてまたこっちといった感じで、、
おふれんちなどはなかなか頭に入らない。
昨年は一念発起で河口湖の教室に通おうとスタートしてみたけれど、やはり3日坊主ならぬ一日坊主だった。
なんとも情けない。。。

いつかフレンチは習得したいな~~と、、
ジュヌ コンプランパ フレンチ

アラビア語なんか、もう欠片も残ってないなぁ。

投稿: meena | 2010/01/22 23:35

meenaさん

まずは…水道の開通よかった~^^
山の生活を続けているmeenaさんをかなり尊敬しております。
山や海の生活に憧れてはじめても、厳しい自然と対峙できずに引き上げて行く人が多い中にです。
はい。

確かに、、、です。
おふれんちは手ごわかった。
イタリアのミラノ大聖堂を最初に見た時と同じくらいのカルチャーショックを受けたかも。
どうしてこうなっているかな~ってな具合で。
イチイチ、日本語との違いに反応しています。
だから、進まない!
スロー・ランゲージということにしています。

アラビア語が語れたなんてかっこよすぎるではないですか!

投稿: 多田祐子 | 2010/01/23 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風土と街並み | トップページ | Art de vivre~人生それは生活のアート »