« 信じるものは救われる | トップページ | 手入れの大切さ »

2009/12/23

3人寄らば…多田祐子編

Photo

12月に入ってから温かい出会いが目白押し。今年は心が凍ってしまうようなことが度々重なり、試練の時だとひたすら耐えていたのだけれども、そのごほうびのように今月はたくさんの温かい方々に出会った。

一つ目は

19日・20日の第一回・多田祐子の会。

世界で活躍されている葉山在住の画家の多田祐子さんと、香川を拠点にして日本中で活躍されているブリリアント・ユウの多田祐子さんと葉山近辺で小旅行。始めてお会いしたときから親戚のような感じがするのはやはり名前のせい?

夫は「葉山の多田祐子さんといると、なんだかオフクロといるような感じがする」と言う。

さらに偶然というものは続く…ことに。

香川の多田祐子さんのお父様のお名前が多田博。夫と同姓同名。うそのような本当の話。

このように書くと、世の中の多田さんには祐子と博しかいないのか?と感じますが(確かにユウコとヒロシは多い)祐子という漢字も博という漢字もあまりメジャーではないのです。

とすると、香川の多田祐子さんのお父様といると夫といるような感じがするのかしら?次回の多田祐子の会が香川であるのでお会いしてみたい。

 

さて19日は不服にも風邪の引き始めの予感あり。画家の多田祐子さんのご主人である金城さんの43年ものの泡盛を少し頂いたら調子が戻り、お調子モノに。

さらに金城さんとっておきの「ハブ酒」でパワーアップ。ハブさんと目をあわさないように注意して飲む。意外と美味しく、いつもより元気になっていたりして^^

次の日は快晴。やはり多田祐子・3人とも晴れ女。富士山がとても美しかった。葉山のコートダジュールを案内してもらい、葉山を満喫。

心から葉山に住みたいと思い、土地についていろいろと尋ねる。土地選びは慎重にしないとね。夢が叶うと葉山町の2人目の多田祐子となる。香川の多田祐子さんも葉山入りすると3人集まることに。

近い将来、葉山の新しい強力なパワースポットとなる予定^^

|

« 信じるものは救われる | トップページ | 手入れの大切さ »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信じるものは救われる | トップページ | 手入れの大切さ »