« フレームワークを壊してみよう | トップページ | コンクリート打設日和 »

2009/06/21

原寸大の魔力

Ts350743

18日(木) 2009年ももうすぐ半分が終わろうとしていることに思いを馳せる。自分に実績をつくり、40歳になったら入会しようと決めていた「日本建築学会」への入会の登録を済ませる。推薦してくださったK先生に感謝。お力添えくださったIさんにも感謝。

その後、私の大切な相談役にお会いするために横浜ベイシェラトンへ。

  

自分だけで何かを行なおうとすると、どうしても壁にぶち当たってしまったり、ひとりよがりになってしまうことを避けるために人間的な監査をお願いしている。こちらの相談役Mさん、お会いするとそのお人柄に触れるだけで学ぶことが多く、勉強になる。お会いする度にプロジェクトも自分もぐぅ~んと前に進んで行くのでとっても嬉しい。

19日(金) 午後より配筋検査の為現場へ。スラブ(床とお考えください)の配筋が出来ていて一階レベルからの見晴らしが最高だった。計算どおり^^さらに風もよく通る。きっと気持ち良い空間になるだろうな~と自画自賛。お客様と出来上がった時の喜びをかみしめているイメージが沸いてくるんだな~。早すぎるかな^^右脳が活発なのか?

20日(土) 古くからの友人とのランチミーティングへ南青山へ出かける。彼女とは10年来のお付き合い。お互いに忙しい世代なのでたまにしか会えないのだけど、なんだかいつも会っているような気がする大切なひとり。その後午後イッパイ、エダヒロさんのワークショップに参加。エダヒロさんにお会いするのも久しぶり。朝出かける前にふと思い立ち、南青山のもう一人の大切な相談役Yさんとお電話にて素敵なお声が聞けた。

私は私だけでは生きていない。

ということを心の底から感じた3日間であった。

素敵な方々のお力添えがあってこそ。有難いことである。

また、私が人のために出来ることは何と何と何だろう?と再度自分に問う絶好の機会でもあった。 

写真は現場に置いてあった階段型枠の原寸図。家具など作る時も原寸図をよく作成するのだけど、やはり縮尺が大きくなっていくほどリアルになるのだな~。このほかによくバカ棒というものも使います。バカボンではありませんよ^^

この絵を見て、自分のことも原寸で考えることが大切なんだな~って思ったりして。自分の図面は小さくても大きくてもうまく行かないような気がします。

|

« フレームワークを壊してみよう | トップページ | コンクリート打設日和 »

北鎌倉の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレームワークを壊してみよう | トップページ | コンクリート打設日和 »