« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/27

住宅を考える時に料理は欠かせない

Ts350738_2

朝食にりんご。

水分は果物から吸収するのが一番良いそうだし、実際に試してみてそうだと思う。

今朝、りんごを剥いたらスカスカになっていてこれは捨てるのも…と思いシナモンであま~く煮て。

このままでも十分美味しいのだけど、アップルパイにしようか、それともヨーグルトケーキに混ぜ込もうかと一日中思案にふける。

なぜ悩むかというと、少し前から体調がかんばしくなく、食事制限をしているから(見た目と違って、打たれ弱いのであまりいじめないでくださいね^^)

食べたいのだけど…食べられないのでイメージがわかないからだったりする。

今、数件企画の段階のものがあり、どうも…ずうっと紙やCADに向かって考えていても良い案が浮かばないタイプのようで(どのように表現しようとも、フランス語や英語で書いたとしても、言い訳のような訳なのだけど、嗚呼----Oh、my God!本当のことなのです)

外出した帰りの電車の中とか、夢で見るとか、料理をしている時にふとこれだ!と浮かぶことが多いので料理してみたりして。

ハタから見ると、遊んでいるか、寝ているか、食べているかに見えるので、なまけものそのものなんだろうけど(同じような文豪がいたような…)私としてはいたって真剣。だって頭の片隅ではずっとプランのことを考え続けているのだもの。

住宅作家には故・宮脇檀氏やアトリエに台所があるという中村好文氏もそうだけど、料理にめっぽうこだわりのある人が多いではないか。

生活全般にこだわりをもってないと住宅作家なんてやっていけないだろうし、さらに住宅を考える時に料理は欠かせないという何かがあるはず。

| | コメント (0)

2009/04/21

関内で環境を

P1013689_2

東京ガスからエネファームという家庭用燃料電池が発売される。

説明会が関内のショールームで行なわれるということで参加することに。

環境については興味があるので、コツコツと勉強したり、セミナーに行ったり、取材で海外へ行ったり。「エコ」という言葉が一般に使われる前から雑誌などに執筆させてもらったりしていたのだけれども、やればやるだけ、知れば知るだけ、どんどん深く、そして広くなっていく。そんなところが面白くもあり、そして難しくもあり。

続きを読む "関内で環境を"

| | コメント (0)

2009/04/20

l'espace et le temps

3_3

空間と時間は永遠のテーマ

間があるから人間が存在する

続きを読む "l'espace et le temps"

| | コメント (0)

2009/04/16

好奇心と情熱…それとね

P1013619

 昨日あるお客様のコンサバトリー(外部温室)の増築のご依頼を頂いていたので打合せへ。前の日の夜が大嵐だったのが、打って変わって晴天。まるで初夏のよう。午前中に出かける用事があった私。「流石、晴れ女だ」と丸い目をさらに丸くして驚く夫。

 竣工後にも自分の作品を訪れることが出来るということにとても幸せを感じる。さらにお客様とのお話できることも愉しみのひとつ。

 私のように女性でこの職業を選ぶのは何か天命のようなものもあるのだと思うのだけど、晴れ女なせいかノー天気に見られがち?なこんな私も何度辞めようか、と思ったことか。

 

 

続きを読む "好奇心と情熱…それとね"

| | コメント (0)

2009/04/13

刹那

P4064101

 時の経つのも早く感じるが最近は季節のうつろいもとても早く感じる。

時間に関しては「きっと『時間泥棒』の仕業だろう」などと思っていたけれども、季節のうつろいが早く感じるとなると自分の歳を自分の中ではごまかすことはできないのかとも。

ふと気がつくと風景は桜ではなくなり、つつじの時期。春色の薄いピンクやら黄色などのファンシーな色から刻々と夏色に向かっているよう。

続きを読む "刹那"

| | コメント (0)

2009/04/08

はなふだ

P4064103

月見て一杯 桜見て一杯

| | コメント (2)

2009/04/07

音楽の為の空間∞空間の為の音楽

Ts350733

 手がけた作品が成長していく

あるものは学校に、オフィスに、ショップにと

昨日はカフェギャラリー・ライブハウスとなる作品のオープニングセレモ二ーであった。セレモニーが始まるまでこの作品と樹齢100年の桜が夕日で照らされるのを目に焼き付けて。

「なんだか映画の中にいるようだな」と夫が。

桜の花びらが舞い散る中、この作品を手がけた工務店社長Y氏がいつものように笑顔で登場。オーナーさんを含め、いつもの世間話などをしているとふと今自分もスクリーンの中に映っているのかしらんと。気分は女優?

 

続きを読む "音楽の為の空間∞空間の為の音楽"

| | コメント (0)

2009/04/01

おでん

P3314057

ショップの改装工事が終わった。設計を始めたのはまだ街の木々のつぼみがふくらみ始めた頃だった。

いつもの曲がり角にある大きな紫木蓮

今日はもう満開をとうに過ぎていた。

この仕事をしている間に

紫木蓮は下のほうから順々に咲くことを知った。

続きを読む "おでん"

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »