« おわり と はじまり | トップページ | ラテン ゲルマン ジャポニズム #2 »

2009/02/16

ラテン ゲルマン ジャポニズム

13日 金曜日 くもりのち嵐

Ts350723_2

朝4時より、今個人的に練り上げているプロジェクトの構想を練る。プロジェクトを練りこんでいる時はなぜか朝ぱっと目が覚めていろいろと出来上がってくる。やっぱり寝ている間に潜在意識くんが働いてくれているんだなって。ドラえもんのお話が作者の夢から出来ているといっていたのはほんとうだったんだな~と思う。

息子達を送り出して、文化財調査が始まる現場の立会い。予想もしていなかったものが出てきた。現場では予想外のことが起こるもの。現場では瞬時の問題解決能力が問われる。訓練、訓練^^

アトリエに戻って次の日の見学会などの連絡事項などの事務処理や、引渡し前の慌しさあり、店舗設計の打合せあり、息子との約束の買い物やら、PTAの連絡、エトセトラ…エトセトラ…

夕方からボサノバのライブを見に行く予定あり。めずらしく建築以外のイベントに夫から行こうという(何かあるのか?)その前に家族に夕食を作って食べさせ、身支度を整えてライブハウスへ。

ラテン音楽は今より若い頃から大好きだったのだけど、なかなかライブで聞く機会がなかっただけに楽しかった。ピアニストの今井亮太郎氏が席を確保してくださって、かぶりつき?の席であった。ギターの加々美淳氏と2mくらいの近距離。魂から音楽を楽しんでいる演奏は本当に素晴らしいものであった。キラキラするってよくいうけど本当にキラキラしていた。(少女マンガみたいだけど)

ラテン独特のリズムはいろいろな面でインスパイアされ、創造性を育むのによろしい。基本設計の時はほぼボサノバがBGM。だからといって作品がラテンにはなるのではないのでご安心を。実施設計に入るとクラシック。この選択、なぜなのかわからないのだけど。

そうそう、この日はあまりにもいろいろなことを行なっていて、「あれ?現場に行ったのは昨日だったかしら?」と寝る前に一日を振り返りながら、勘違いしたほど。よく考えると、胡桃とブルーベリーのパンも試作した日であった…おいしかった~。この組み合わせオススメです。胡桃は生のもの、ブルーベリーはドライです。

そして14日の見学会に続くのであった。

  

そして

今は心を落ち着かせるため、ショパンを聞きながらこの記事を書いている。

つづく

|

« おわり と はじまり | トップページ | ラテン ゲルマン ジャポニズム #2 »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おわり と はじまり | トップページ | ラテン ゲルマン ジャポニズム #2 »