« より高い秩序 | トップページ | かんな »

2009/01/16

奥行き

P1013653

 空間の広がり、その奥行きがさらに美しさを深める

奥行きの美学はすべてのものにあてはまるだろう。人間も然り。

 絵でも詩でも文学でもそして建築でも

表層だけではなくその奥行きに感動することが多い

 日本文化は特にそれが感じられる。高い精神性がある。しかし近代から現代にかけては悲しいかな軽んじられているように思う。床の間のある家がとても少なくなったように。

 日本家屋という言葉もあまり聞かれなくなってしまった昨今、住むことが、つまり日常がつまり住まい手が創造性をどこかに置き忘れているのかもしれない。実は美しさはいたるところに存在するが、合理性や生産性だけを追い求めると美しさを忘れてしまう。美しさは楽しさでもあるから。

 創造性は想像力を鍛えることから始まると思っている。想像力は観察する、つまり「じっくりと見る」ことから始まるように思う。対象物を、そしてさらにその周りの空間、つまり背景を。

 私は子供の頃からじーっと人やものを見るくせがあったようで「ぼーっとしてる」などとよく叱られたものだけれども、実は創造性を鍛えていたのである^^非合理で生産性がないトキ。こんな時はやっぱりぼーっとしていることが多いのだけど。

|

« より高い秩序 | トップページ | かんな »

日本人の感性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« より高い秩序 | トップページ | かんな »