« 平成二十年 霜月壱日 上棟 | トップページ | 校庭は現場より危なかったなり »

2008/11/08

だから美しい

P1012836

 鎌倉市役所から鶴岡八幡宮を抜け北鎌倉へ向かっている途中

 瓦屋根から藁葺屋根に葺き替えている住宅が目にとまる。

 ふと、鎌倉で設計を行う時に頭の中に常にある言葉に気づいた。

 それは

 

 諸行無常 

 鎌倉には「何か」がある。神社仏閣が多いからなどということだけではない。だから神社仏閣が多いのだろう。と考えるほうが納得できる。

 そして驚くほど時間がゆっくりと流れている。南国のゆったりとはまた違う緊張感のあるゆるやかさ。ギャラリーでも、市役所でも、スタバでも。

 時間の流れが街並みを照らしている。だから美しい。

 

 以前鎌倉の長谷に住んでいる美容師さんが「鎌倉はいいところなんですが、休日は最悪です。観光客みなさんのマナーがひどいのですよ。しかしなにぶん観光地なのでね」となにげなく言っていたことを思い出す。その美容師さんにも「何か」がありそしてとても落ち着いた物腰であった。だから美しいのだと。

|

« 平成二十年 霜月壱日 上棟 | トップページ | 校庭は現場より危なかったなり »

美について考えること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成二十年 霜月壱日 上棟 | トップページ | 校庭は現場より危なかったなり »