« 夏の終わりに…セミもいそがし | トップページ | 笑顔をありがとう »

2008/09/01

全体と部分は

P1010018

 今、ディティールを詰めながら図面を描いています。

この細かい作業が実は全体の意匠にとても影響してきます。

デザインすることは終わりのない道かもしれません。

 私はずうっと髪の毛が長かったのですが、

一年程前にばっさりと切りました。それは腕の良い美容師さんとの出会いからです。

頻繁に通わなくてはいけないのですが、私にはいろいろな意味でショートがお似合いのようです。

美容師さんとはいつも真剣。私は全身でものバランスも考慮して頭の形を美しく保ちたいので二人で「あーだ、こーだ」といいながらカットしてもらいます。

先日、また美しい後頭部のフォルムでカットしてもらいました。席はお店の特等席。そう、鏡が前と横にL型にあるのです。

だからシルエットを確認しながらカットできます。

 

 今日、きゅうりのサンドウィッチをお昼ごはんに作りました。これはこだわりの職人技です^^

住宅は設計までしかできませんが、お料理は施主であり、かつ設計・施工ができます。

このきゅうりのサンドウィッチの具はきゅうりだけ。でもとってもおいしいのです。きゅうりのスライスした厚さがポイント。1.5mmの厚さ。あとはバターをぬったパンに1.5mmのきゅうりを乗せ、マスタードとマヨネーズのソースを。

この厚さを発見するのに試行錯誤しました。こんなところでもディティールが全体を決めますね。

初秋の暑い日のお昼にいかがでしょう。夏を思い出と一緒に。

今日のお昼ごはん、1.5mmきゅうりサンド、カレースープ、ポテトコロッケ(義母作)

|

« 夏の終わりに…セミもいそがし | トップページ | 笑顔をありがとう »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わりに…セミもいそがし | トップページ | 笑顔をありがとう »