« 波の音 風の音 | トップページ | 素敵な女性たち »

2008/09/29

センスってね

P1013110

 「あなたはセンスが良いからね」

私の半生(80歳まで生きると仮定して)で何度頂いた言葉だろう。

 これが実によくわからなかった。なんと答えていいのやらと。

確かに、私も「この人センスある」と思う人がたくさんいる。身近な人もそうでない人も。

「センスってなんだろう…」とずうっと私の中の課題だった。

 

 ここ最近、何度観てもまた見たくなる映画があり、さらにまたある作家の不思議な作風に惹かれていた。

「なぜ、私はこんなにもこれらの作品に惹かれているのだろう」と。

それは明らかに「センス」という言葉で表現されるものである。

しかし、センスとは何なのかを他の人には説明できない。そこで再び「センス」とはなんぞや?という堂々巡りとなったわけである。

 映画の中で何度も同じ場面を見ていて、  ふと

 ----センスとは言葉だけでは表せないものなのではないだろうか

 

 私の例で言うと、建築で私の中の言葉で言い表せないものを表現している。言葉で表せたら言葉で表しているはず。とっくのとうに。おそらく。

建築だから私が表せられる。建築で表すのが一番私が表れるからそうしている。

…つまり作品が作者自身なのだなと。

 自分の琴線に触れる作品を表現する人には惹かれるもので、例えば物を書く作家の場合、私はその作家の著書全てを読みたくなるし読んでしまう。しかも何度も。暗唱できるくらいに。

映画もそうだし、音楽も、マンガだってそうだ。

 そしてすっかり忘れてしまう作家もいれば、ずうっと心に残る作家もいる。

 

 そう、それでセンスのあるなしは

 どれだけ自信を持って自分なりの表現をしているか。さらにずば抜けたセンスのある人はとても謙虚。

 そこには深い深い意味があるのだろう。しかし言葉では表せない。だから芸術は面白いのかと。

結局、ロジックだけでは成り立たないのだ。

  

 小学二年生の息子に「空間って何?」と聞かれてうまく説明できない。

両親が良く使っている言葉だけに疑問も湧くのは当然といえば当然。 

 困った。哲学書を引っ張り出して「どうやって説明しようか」と。

 しかし所詮、「空間」は言葉だけでは説明できないもの。

 出来たとしたら、図面が全部文章になっているはず^^

 これも以前「設計図書」を全部文章で表すとしたらどうなるだろうか、とこっそりと試みたことがある。もちろん、出来るはずもなく。

 ということで学習した私は、息子には絵と模型で説明しましたとさ。

 

|

« 波の音 風の音 | トップページ | 素敵な女性たち »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

興味深々のタイトルですね。内容も。
すべての女が自分が世界で一番美しい、
と思うのと同じくらい、すべての人間は
自分が世界で一番センスがいい、と。
その大半がその反対で。いや、たいしたことないっす、の3分の1くらいがかなりの大物だったり。
おれは、最近、自分はセンスない人間の一人、
と自覚。でも、その点、他人が誤解しているみたいなので、そのまま乗っかっていこうと。
乗っかるセンスだけは天才。
ちなみにマリーは本物。磨けばさらに光る玉。
俺は単なる石。

投稿: いさら | 2008/09/29 20:45

いさらさま

いや、たいしたことないっす、の3分の1くらいはたしかにかなりの大物だったりしますね。

乗っかるセンスは生きていく上でとても魅力的なセンスだと。いさらさまの人徳だとも。
 
磨けばマリーも光る玉になれますか。嬉しいです。ありがとうございます。
「いや、たいしたことないっす」うふふ。

ロシアのお人形みたいに開けても開けても同じお人形が出てこないように気をつけながら磨きますね。やはり磨く布は高級なisara織でしょうか。

今石はかなり値が高いそうですよ~!今後高級品となるでしょう。

投稿: マリー | 2008/10/01 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 波の音 風の音 | トップページ | 素敵な女性たち »