« ご連絡 | トップページ | 50年前の設計者との対話 »

2008/07/15

ものの見方

080630_16020001

 暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

皆様には大変ご心配をおかけいたしました。励ましのメールなどをたくさん頂きました。

誠にありがとうございます。

さて、

このお仕事をしていてとても嬉しいのは新しい住まいで生活されるお客様のお喜びの声です。設計している段階でもお客様から頂きました有難いお言葉もとても励みとなります。今日はお客様に了承を得ましたので、そのひとコマをご紹介させて頂きます。

-------以下、お客様より(一部抜粋)-------

今まで先生方とお話しした中で、住む場所や環境は本当に大切なんだと
改めて考えるようになりました。

先生方の設計する建物のように、自然を感じられて温かみのある建物が 街中にあふれたら、どんなに素敵になるだろうと思います。生活スタイルも、先生方がおっしゃっていたような自然を感じる生活 (「夜は夜の暗さを感じる生活」など)が人間にとって一番自然で、一 番人間に合っている生活なのでしょうね。

実際、私たちも先生方とお会いしてから、自然に目を向けることが多く なりました。特に茅ヶ崎のK様のお宅に伺ってからは、不思議なくらい身近な自然 を楽しめるようになりました。窓から見えた雨や紫木蓮が本当に綺麗で、「雨っていいなあ」と心から 感じました。雨なのに、家の中にいてもとても気持ちがよかったです。どちらかというと地味な花を咲かせる木蓮が、あんなに綺麗なものだな んて気づきませんでした。

ネオンの明るい街も素敵ですが、ありのままの自然を感じる生活をみん なが送れるようになれば、きっと住む人の気持ちもやさしく穏やかにな れるだろうし、もっと良い世の中になるんじゃないのかなと思います。落書きの多い街や、汚い建物が多い場所は犯罪が多いと言うのも納得出 来るような気がします。

最近、街を見ていてそんな風に思うことが多くなりました。
設計して頂いた新しい家に住んで、どんなことを感じられるのか今から
とても楽しみです。

次回の打ち合わせも楽しみです。
よろしくお願いします。

------ここまで----------

「気づき」とは素晴らしいものです。

幸せなご家庭を創造していく拠点である「住宅」

これからも全力を尽くしてこの仕事に努めて参りたいと存じます。

|

« ご連絡 | トップページ | 50年前の設計者との対話 »

住まいの基本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご連絡 | トップページ | 50年前の設計者との対話 »