« 小さなカラダ、大きな可能性 | トップページ | ヤング係数 »

2008/06/06

照明は変わる

Pap_0001

 昨日は霧雨の中照明器具の新作発表会に出向きました。私も夫も「営業の鏡」と称しているH氏からのお誘いを受けたので。

 建築の業界、特に住宅の世界では新しいものが出てきて定着するまで時間がかかります。そしてそうそう新しく良いものは出てこない中、今照明の分野は変化の時に来ています。

 経済産業省も2012年までに白熱灯の生産を中止する方針を固めており(CO2削減のため)今後、照明器具の世界が大きく変わって行くでしょう。

 

 

 

 少し前より私が注目していたLED照明。長寿命で低消費電力。ただし、照度分布の偏りや専用のトランスが必要だったり、また初期投資が割高であったりする為に限られたところでしか使えませんでした。 

 しかし、今回の発表会ではかなりの技術の進歩がみられ、またさらにこれから期待膨らむ光源となると思うとワクワクしました。もう、すでにあれをこう使おうとか頭の中でグルグルしています^^

 白熱灯が、黒電話や赤い円柱型のポストのように消えてしまうのはちょっと寂しい気もします。先日ある博物館に行った時、黒電話と赤い円柱型のポストが展示されていて、それを使っていた自分は歳をとったものだとなんだか複雑な気持ちになりましたが…

 ところで会場で約2時間、ずっと案内してくださったH氏、やはり「営業の鏡」でした。どんな照明よりも輝いていたなあ。

 H氏にお会いすると、論語の中に登場する孔子の愛弟子である「顔回」を思い出します。私は孔子ではありませんが、ぜひ長生きして飛躍して頂きたい。といつも願っているのでありまするよ。

Pap_0004

*この2枚の写真は会場ではなく、リビナヤマギワにて。私に建築の素晴らしさを現場で教えてくださった方のご自宅にあったこのジョージ・ナカシマ氏の椅子に魅せられてはや十数年、老後はこの椅子に座りながら思惟に浸るのが夢なのである。

|

« 小さなカラダ、大きな可能性 | トップページ | ヤング係数 »

エコなこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ はじめまして
LEDの照明 興味があります
我が家は一階の廊下を 蛍光灯に変えたとき スイッチを二度押すと LEDになって夜間薄暗い明りとなって廊下を照らしてくれるものにしました 実験的に取り入れたのですがなかなか良いようです
建築のお話 とっても面白いですね
雑貨を検索していて ここに参りました
 

投稿: のな | 2008/06/13 16:24

のなさん

はじめまして!
とても嬉しいコメントありがとうございます。

LED照明の光源の特徴として独特の「薄暗い光の感じ」がありますよね。夜間の廊下の薄暗い明かりにとは、とても良い使い方をされているので素晴らしい。

のなさん、
とっても素敵な暮らしをされていらっしゃるのですね~。お写真やテキストから暖かさと幸せと豊かさが伝わって参ります。
後程、またゆるりとお伺いいたします。

引き続き、建築のお話も続けて参りますね!
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: 多田祐子 | 2008/06/14 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さなカラダ、大きな可能性 | トップページ | ヤング係数 »