« 有難い Present | トップページ | 皐月 »

2008/04/21

ただのおっちょこちょいでいいのか

P1012716_2

 先日からこのガラスのモザイクタイルでのパターンづくりに悩んでいる。

アクリルパネルの上にいろいろとパターンを並べてぐぐっとくる意匠を検討中。

何十色もある色から選んでオリジナルを作ることは私にとってはとても楽しい作業。

「おおっ、これはいいかも!」というものが出来たので

アトリエ内に入って来た夫に

「これ、どうぉ?」と。

 その時の私の姿はフィギュアスケートの選手並み

背筋には自信があるので?後ろに反って

蛍光灯にかざして光の透過や色の構成の具合を見ていたのですが…

それで夫とまたあーでもない、こーでもないとやっていると

思わず自分がそのアクリルボードを平行に持っていなくてはいけないこと、これがすっかり頭からなくなってしまって

見事にモザイクタイルはアトリエ中に散らばったのでした。

「やっぱり、絶対にやると思ったんだよねーーー」と言われ

「とほほー」まず最初に助言してくれれば良いのに…と思いつつ、

「あ…」

その朝、玄関にカサブランカを飾って、その後サロンの花菖蒲をどうアレンジしようかと花と花器に悪戦苦闘していたところ、カサブランカが大輪の粒ぞろいだった為

花瓶がガッシャンと倒れてしまった。またそんないいところに玄関から夫が現れて。

言い返す言葉はありません。

ああ、日本語にはおっちょこちょいという言葉があってよかったと。

そういえば

「○○と天才は紙一重ですから」

とお医者さんに言われたことが…あったような

|

« 有難い Present | トップページ | 皐月 »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有難い Present | トップページ | 皐月 »