« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/29

小休止

P1012676

 こころの中がざわざわしてくる時、「ああ、休めということか」と思い

すっぱりと休む。

 休むというより、「立ち止まる」といったニュアンスのほうが近い。

良質な意匠を生み出す時に必要なものは「心の静けさ」だと私は思う。

続きを読む "小休止"

| | コメント (0)

2008/03/23

サファイアの誘惑

Musukari_4

梅や桜の花が美しいと街がにぎわいだす頃から

私はサファイアの深い青色に惹かれるようになる。

先取りなのか、気が早いのか…

続きを読む "サファイアの誘惑"

| | コメント (0)

2008/03/17

保育園の砂場

P1012171 

 実施設計の真っ只中、私は設計中の建物の中で歩いたり、座ったり、寝転んだり、お料理をしたり歯を磨いてみたりする。

 その中で自分自身が快適かどうかを確認する作業。

 こどものころの「ごっこ遊び」とたいして変わらないではないか?と言われるとそうかもしれない。

 しかし、この作業を丁寧に繰り返さないと良いものは出来ない。「頭(知識)だけでは建築は創ることはできない」と。

 そう、「どう感じるか」といった感覚…つまり感じとる力がとても大切なのですね。

続きを読む "保育園の砂場"

| | コメント (0)

2008/03/11

3月3日は都内

P1012623

 一週間も前のことなのだけど…3月3日に夫と二人で都内を横断。

いつも行こうといっていてなかなか行けないショールーム廻りを。

私はひとりで何かと都内に出る機会があるのだけれど、夫と共に出るのは一年ぶり。

ひとりで都内にいてもいつも予定から予定にダッシュで行動しているので食事も取らずに帰ってくることが多く、この日はゆっくりできるかなと思っていたのだけど、やっぱりダッシュで終わりました。

続きを読む "3月3日は都内"

| | コメント (2)

2008/03/10

春のお便り

043

 昨日の夕方、打ち合わせの帰り、

車中からとても美しい月と空を発見しました。

殆ど新月に近い下弦の月で、色は黄身色。

さらに空が群青色。

富士山の影は背景が赤から紫のグラデーション。

そしてそして雲が日本昔話に登場する龍のよう。

 ご覧になった方いらっしゃいますか?

私は幻想的でいつもよりまして?ぼーっとしてしまい(運転は夫がしておりました)

写真をとることも忘れ、さらに…トランクのドアをおでこにガンっとおもいっきりぶつけてしまいました。(自分がでこっぱちだということを忘れておりました)

春の訪れを感じた夕暮れ。おでこがいたい…

   

 先日お客様から開花予報のお写真を頂きました。

この木はコブシの木です。お隣の敷地にあり、

ご近所のみなさんのシンボルツリーとなっています。

 ここの計画をする際もこのコブシの木をかなり意識して

設計を進めました。

続きを読む "春のお便り"

| | コメント (0)

2008/03/02

ラナンキュラスのような女

P1012613

 いつもの花屋さんで白いラナンキュラスを見つけて

「まあ、きれい」と

するとお店のマドモワゼルが「紫色もあるのですよ」と奥から出してくれて

紫という色は私の好きな色のひとつ

ファッションには欠かせない色

しかし建築に使うにはあまりに難しい色

続きを読む "ラナンキュラスのような女"

| | コメント (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »