« 春の色 | トップページ | 作品 #1 »

2008/02/12

全体から部分*部分から全体

Ts350566

 美しさは何で決まるか。

それは部分と全体のバランスにひとつの理由があると思っている。

よく絵などを描いている時に「一度絵から離れてみよう」と指導される。

大きくいえばそういうことだと思う。

 何かに集中している時はつい部分に目が行ってしまう。

 私の場合は、席を離れたり、出かけたり、違う仕事をしたり、家事をしたり、子供の遊びにつきあったり(遊んでもらったり)するかな。

 実はこういった無駄な時間のような時に全体が網羅され潜在意識の中で私の美意識くんが働いてくれているようなのだ。

 だから、ピンとくる時はだいたいこんな時。

 そして、ここのところ発見したことは、

 美しい人は爪が綺麗な人が多いこと。

靴については両親の教育が厳しく常に磨いておかないと叱られていたので、ついつい他人の靴を見てしまう癖があるのだけど、

最近はどうしても爪に目が行ってしまう。

美しいと思う人は爪をみると、

その人の全体のイメージにぴったりの爪をしているようだ。

ネイルをしている爪だったり、短く切りそろえられた爪、そしていくつもの家事をこなしてきたであろう爪、いろいろな爪がある。

その表情は見ていてとても豊かなもの。

P1012307

 全体から部分、部分から全体。

 美しさのひとつの要素。

 必要条件ではなく十分条件。

|

« 春の色 | トップページ | 作品 #1 »

美について考えること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の色 | トップページ | 作品 #1 »