« 雲待ちスタイル | トップページ | 収穫期  ~L’AUTOMONE ~ »

2007/11/20

悩める母

100_0779

 小学6年生になる息子がそろばんを習い始めて2年ちょっと。

 先日、3級の試験に合格してしまった。というのも本人も含め、そろばん塾の先生も、両親も「受からない、いえ受かるはずがない」と思っていたので試験が終わってから「もしかしたら合格するかも」と言った息子の感想に一瞬動揺して言葉を失った。

 その後、先生からも「本番に強いお子さんですね~」と言われたので「やはり先生も同じ考えだったのか」と。

 そして、今週末に商工会議所で開催される「優良生徒表彰式」に推薦を受け、親子で出席することになった。しかも、先生やその他の偉い人と選ばれた生徒+保護者で記念撮影があるらしい。

 で、何を悩んでいるのかというと、何を着て行こうか…ということ。

 このそろばん塾の先生は「昭和」の世界からそのまま来たような先生。教室の電話もあのNTTの黒電話。黒電話とセットで現れたような先生なのである。そして「お月謝は値上がりしまして…6000‘万‘円になります」とまるで読み上げ算の続きのようなアクセントで話をされるので、はて今私は何時代にいるのかと電話のこちら側でしばしタイムスリップしてしまう。

 さらに、受験日の当日は私は講演の仕事だったので息子を商工会議所まで送ったのであるが、皆親御さんの服装が「お受験スタイル」なのでちょっと驚いたことだった。

 ということで悩んでいるのである。

 自分の職業上あるいは好みの服装は「お受験スタイル」には程遠い。自分の用事であれば「私は私」といったスタンスでこの三十数年間貫いてきたけれども、今回は何せ…息子の晴れ舞台であり、きっとその写真は息子が一生の記念として所有するのだろうからとこうしてつらつらと悩むのである。

 そうねえ、いっそお着物で…と。いや~写真見て、どこぞのママかと聞かれてしまうのがオチやん。

 

|

« 雲待ちスタイル | トップページ | 収穫期  ~L’AUTOMONE ~ »

こどもとわたし」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。うふふ、黒電話先生、なんだか小説に出て来るようなお人柄ですね。
余り考え込まずに、、、と言いたい所ですがやはり息子さんの事となると私の限界を超えてしまうわ(笑)

お受験スタイルは韓国と日本が強いみたいですね。
ただ、服装で悩むのは日本かな。
制服で15歳まで育ってしまった私達は某個性や集団の流れということを知らない間に刷り込まれてしまったのかも知れないなと思います。
私も仕事柄人事ではないのですよ〜!
春先の入学シーズンは淡いピンクやミントグリーンのスーツが流行など全く無視して飛ぶように売れます。
それと低めのパンプス。。。これも凄いそうです。

写真を撮らなければ何を着てゆくのかな?と違うツッコミを入れておきます(笑)
凄く気になるのは……このお写真の道路に寝てる(?)のは猫さん???

*ねね

投稿: ねね | 2007/11/20 18:49

ねねさま

ねねさんのところまで相談に行きたい!と思っている私……
アドバイスはもちろんのこと、渋系スイーツやお料理が実は、本当の目的?になりそう(笑)

そうですね、入学式ではピンクやミントグリーンのスーツを着たお母様方多いですね。
息子達の小学校にはラテン系外国籍の子が多いのですが、その子達のお母さんはミニスカにサングラスなのですよ。なぜか違和感はありません。反対にかっこよく見えるから不思議。
ねねさん、ぜひ渋女ラインのお受験スタイルをデビューさせてください!
日本女性を美しく!
期待してまする^^

写真を撮らなければですか……いつもの渋めの蝶(蛾か?)のようにひらひらしたものを身に着けていくのかなと。
よくショップの方に「その服めずらしいですね。どうなってるんですかぁ~?」と聞かれるような服です。(言葉で説明するのは難しいですね)

そうそう、この物体?気になりますよね~。タイのバンコクにいる犬です。暑いので昼間は寝ているそうです。あまりにもたくさんいてちょっと奇妙な光景でした。

あくあまりん

投稿: あくあまりん | 2007/11/21 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/17129361

この記事へのトラックバック一覧です: 悩める母:

« 雲待ちスタイル | トップページ | 収穫期  ~L’AUTOMONE ~ »