« 夢に向かう時 | トップページ | 垣間見る文化 »

2007/11/02

いち いち いち で…?

100_2087

 現場監督のハヤカワさんが感動したという超オススメの「御幸橋」を藤沢駅周辺に用事があったついでに見に行った。ここのところ休みらしい休みがなかったので電車でちょっと江ノ島に。この橋は大工さんが造った木の橋。ハヤカワさんが言っていたように色を塗る前のほうがよかっただろうな~。

100_2093

 学生の頃、休講になるとよくひとりで江ノ島に来ていた。設計の課題に行き詰まると江ノ島かみなとみらいの工事現場に向かうことが多かった。つまり海に向かう習性があった。今思うと変わった学生だったように思う。(今もとっても変わっていると言われそうだけど…)

 学生のころから比べると、江ノ島も随分と変わってしまった。街並みが美しくない。たぶん今設計に行き詰っても江ノ島にはこないだろうなと思う。あまりにも人工的になり、自然のパワーやそこに暮らす人のパワーが感じられなくなったからだ。

100_2100

 建て替えの時期なのだろうが、悲しい街並みとなっている。なぜ藤沢市は新しい建物に対して配慮をしないのだろうかといつも悲しく思う。鎌倉市などはその点は非常に進歩している。努力しているのが解る。条例がすぐに新しくなるので大変ではあるが、その大変さは良い大変さだと感じる。

100_2097

 私は世界中のどこにいても知らない猫や人によく話しかけられる。江ノ島でも「なんかちょうだい」とこの猫君が言ってきたので「君は少し断食したほうがいいと思う。胴回りが気になるから」といって丁重にお断りした。そしたら「じゃあ、カメラ目線はしないよ」と言われた。

 その後夫が藤沢本町の「はじめ」のラーメンが食べたい。と言ったので食べに行った。時間もお昼時なので混んでいて並んでいた。今日は11月1日、「いち、いち、いちではじめだね」と夫が言った。そしてここでもおばさんに声をかけられた。「ここのラーメンは美味しいのですか?いくらですか?」と。

 おばさんのほうはスマートだったので、「個人差があるのでわかりませんが、美味しいと思います。値段でしたらお店の中に書いてあります」と言うと、「あっちのうなぎ屋さんのランチも980円で美味しいわよ」と教えてくれた。そしてそのおばさんは私達と同じみそラーメンを頼んでいた。帰り際にOKマークで「おいしかった、ありがとう」と。合格なのである。

 アトリエに戻り、その後現場に行くことになった。現場でハヤカワさんに御幸橋の話をすると、「私はまだ江ノ島では見てないんですよ~、忙しくて」とやはり忙しそうだった。そして「そういえば先ほど、ウチのヤマザキがタダご夫妻を見かけたって言ってました」と言われた。はあ、世間は自分で思っているより狭いのだ。

 もしかしたら、あの猫も、おばさんも知っている猫と知っている人だったのかもしれない。

 

|

« 夢に向かう時 | トップページ | 垣間見る文化 »

建築ウンチク」カテゴリの記事

コメント

スローな、いい味の散文ですね。いい心境の
ようで、そういう時は地味だけどいい仕事が。
断食をすすめられた猫ちゃんの顔、何かを
語っているようでも。
最近、どうも更年期のようで。スローすぎて。

投稿: isara | 2007/11/02 18:43

isaraさま

スローないい味しましたか?ありがとうございます。
いい心境、実はこの心境になるまでが大変でした(笑)確かに地味ないい仕事はできるようです。この私でも?です。
そうそう、この猫君「人間界の狭い価値観を僕達、猫の世界に押し付けるのはやめてくれ」と。
いさらさんは更年期ではなくもしかしてそれは青春では…^^

マリー

投稿: あくあまりん | 2007/11/04 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/16950878

この記事へのトラックバック一覧です: いち いち いち で…?:

« 夢に向かう時 | トップページ | 垣間見る文化 »