« コンクリート打設日和 | トップページ | 長編小説の本を閉じる時は… »

2007/10/02

Prélude~雨だれの前奏曲

100_1928

 9月29日、30日と建て主様のご厚意により完成鑑賞会を行うことが出来ました。両日ともあいにくの雨模様となりましたが、足を運んでくださったみなさまありがとうございました。

 この見学会を開催できることは本当に有難いことだといつも感じます。そして私達が現場にいることの出来る最後の時間でもあります。

 ゆっくりと自分の仕事ぶりを振り返る時となり、また見学にいらした方にいろいろな感想を聞くことはとても勉強になります。

 お客様をお待ちしている間、雨が落ちてくる様子を窓越しに眺めて私の頭の中にChopinのPréludeが流れはじめました。あの左手のリズム、タンタタタタタタ(タで表現すると味わいがなくなりますね・笑)のリズムがぴったりと合っていました。ゆっくりと丁寧に弾くPréludeがいいかな~。

 しっとりとした緑。高いそらから落ちてくる雨。沢山の種類の鳥が小雨になると飛び始めます。そして…りすの姿も。

 雨の日を楽しめる家は素敵です。

|

« コンクリート打設日和 | トップページ | 長編小説の本を閉じる時は… »

浄明寺の家」カテゴリの記事

コメント

なんて素敵なご自宅でしょう~ いつもいつもため息が出るほど、素敵なお仕事をされていらっしゃるな~っ大変尊敬しております。こちらのお部屋だったら、外に出たくなくなりますね!私も家の中の冬支度をそろそろ始めようと思いました・・・

投稿: ゆりこ | 2007/10/02 12:31

当分、新築はなさそうなので、鑑賞会に
行けず、ごめんなさい。
マリーさんのブログの写真と
タイトルはいつも一級品で、それだけでも
飯が食えそうですね。
柿渋染めの作家として、一見できなかったのは、心のこりと同時に、素敵過ぎる家を見ない
でよかったとも。
我家は二度目の秋、妻の掃除能力にも助けられ、人の集まるいい家です。お陰様で。

投稿: いさら | 2007/10/03 01:43

ゆりこさま

こんにちは。とっても有難いお言葉をありがとうございます。ゆりこさんのコメントにこの家の建て主さんもきっと喜ばれると思います。ゆりこさんの冬支度、早くも始めていらっしゃいるご様子。かわいらしいカップやソーサー、ステキなブーツ……ゆりこさんのイメージにぴったりです。足が完治しましたらおいしいスイーツと一緒にお伺いしますね!

ゆうこ

投稿: あくあまりん | 2007/10/04 16:34

いさらさま

柿渋はいろいろな方に評判がよかったですよ。
いさらさんのアトリエ&住まいもあの土間……こだわって正解でしたね。
インテリアやデコレーションのセンスが素敵な方ですからいさらさんとの家づくりはとても楽しいですしやりがいがあります。
またぜひ。
新築ではなく増築でも…

写真とタイトルで食べていけるとしたら、ついに自分のアトリエを設計することができそうですね。
真剣に考えたりして^^

マリー

投稿: あくあまりん | 2007/10/04 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/16637466

この記事へのトラックバック一覧です: Prélude~雨だれの前奏曲:

« コンクリート打設日和 | トップページ | 長編小説の本を閉じる時は… »