« 記憶の仕方 | トップページ | やさしさに支えられて »

2007/09/09

転んだ後の杖

Ph0107

 のんびりしたいな~。と思っていたら・・・

 願いが叶った。違った角度から解釈したのんびりだけど。

 金曜日の夜のこと、

 いつものように一日の最後の時間をゆったりとベッドの上で本を読んでいた。

 その時にその願いが叶った。

 

 いつものようにウチのやんちゃ君たちが来て騒ぐ。そして小さいほうが私の膝の上に飛び乗った。私の足は一瞬反対側に折れた。

 その時読んでいた本がドストエフスキーの「罪と罰」

 なんだかあまりにも。

 次の日にすぐ近くのクリニックに行く。幸い骨折はしていなかったが、しばらく絶対安静、そして歩くなら松葉杖で歩いてください。と。早速、松葉杖の使い方を看護婦さんが教えてくれるのだけど以外と難しかった・・・身長は158cmくらいですか?と聞かれ、いえ151cmくらいです。と答える。くらいの使い方はこれでいいのか?

 

 今日は重陽の節句。今年はぜひ菊酒でも飲んで邪気祓いをと考えていたのに、今はお酒は飲めない。

菊だけおひたしにして食べようか。誰が作るのだろう?

 こうして初秋である季節、

私の異例(違例)のバカンスは始まった。

 

 

|

« 記憶の仕方 | トップページ | やさしさに支えられて »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/16391695

この記事へのトラックバック一覧です: 転んだ後の杖:

« 記憶の仕方 | トップページ | やさしさに支えられて »