« 時間泥棒 | トップページ | 女ともだち »

2007/09/14

トスカーナへの郷愁

100_1808

 午前中に整形外科に行くと松葉杖解除の令が出た。今日の先生は忙しそうでフツウに喜んでくださった。

 午後から9月末に出来上がる現場の植栽を見に植栽工事の職人さんと造園屋さんへ行った。ちなみに今回の職人さんも女性だった。

 

 ひめしゃらの見た目のよいものを決めて、さらにオリーヴの木やレモンの木を見て品定めする。

 子供のころ森でよく遊んだあの懐かしさがよみがえる瞬間。オリーヴの木はイタリアのトスカーナを旅したときにその葉の色合いと立ち姿に魅せられとても好きな木のひとつ。

 トスカーナを走る列車から(その時は列車が遅れていたのでかなりのスピードだった記憶が)オリーヴの木々を見てシエナという街でその色の色鉛筆を探したものである。

 結局見つからなかったな~。

 木を見るのってとても面白い。人間観察に近いものがあるかも。

100_1812

 この木もよかった。

|

« 時間泥棒 | トップページ | 女ともだち »

庭のこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
あくあまりんさん、その後は脚の具合は順調に回復されてますか?
まだ暑さが残るのでご無理なさらないようにして下さいね。

さて、いつもながら深く頷いていました。
造園業の職人さん達も女性陣が増えてオリーブや宿年草など
主婦の方が育てやすく家庭の庭先にマッチした庭作りを提案して頂けますね。

木を観て森を想う、森を観て木を知る、、、そんな言葉が浮かびます。
シエナの街並、私も真っ先にこの木を想い出すかな。
カラッとした太陽の恵みが羨ましいですね。
日本の季節の折々は大好きですがもう少し湿気が少なければ……と無い物ねだりです。

*ねね

投稿: ねね | 2007/09/18 10:47

ねねさん、
おはようございます。
お気遣いいただきありがとうございます。
仕事をしているとつい夢中になり無理をしてしまいますが、どうやら痛みが程よい知らせとなっているようです。

 そうですね。女性の感性やエネルギーがこの世界でも急速に活かされはじめている様子を心から感じ嬉しく思っています。普段使いの美しさに潤いや優しさが溢れていることを広めていきたいと。

 木を観て森を想う、森を観て木を知る
素敵な言葉ですね……
トスカーナの気候は本当に(今でも肌で思い出すことが出来るくらい)心地よいですね。ヨーロッパより成田に降り立った際、最初に感じるのは空気の重たさです。体重が一気に増えた気がします(笑)しかし、緑茶やお米の美味しさはこの湿気の中で味わうから美味しいのでしょうかね^^

あくあまりん

投稿: あくあまりん | 2007/09/19 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/16445253

この記事へのトラックバック一覧です: トスカーナへの郷愁:

« 時間泥棒 | トップページ | 女ともだち »