« お部屋を美しく保つには *風の流れ* | トップページ | 父からの贈り物 »

2007/08/15

生みの苦しみ

 今プランを作成しています。もちろんいろいろな仕事を行いながら並行して。一番工夫する場所は(苦労するとも言う)キッチン・・・あるドラマでもこういう建築家いたなぁ。

 他の生活動線とのからみから生活感を必要最小限度にまでし、意匠として存在できるようにするためにはかなり頭を使います。生活していても美しさを保つことができること。

 ずーーーっと気になっていて頭の片隅でいつも考えている状態が続いていました。

 そして昨日、

 

 

  現場から帰ってきて、CADに向かって「ん~」と考えているとふとなにかが頭を通過しました。建築文化という雑誌の内藤廣氏の特集号。もうボロボロになっていますがこの雑誌をパラパラ見ていたら、「!!!」

 雑誌とも内藤さんとも全く関係ないのだけど、私なりの「こうだ!」という確信のようなものが出てきました。早速夫とディスカッション。

 また時を忘れて・・・ふと気がつくと「おなかすいた星人」に「今日の夕食なあに?」と聞かれ、あれ?もうそんな時間?時の経つのは早い。

 時間になるとおいしい夕食が出来ている。そして食べ終わると自動的にピカピカに片付いている。

 そんなキッチンが出来ないかな~。どなたかにぜひ発明して欲しい。もちろんデザイン係りは担当いたします(笑)

 

 *ここで問題「さて今日は何人のヒロシが登場したでしょうか?」

 

|

« お部屋を美しく保つには *風の流れ* | トップページ | 父からの贈り物 »

わたしの設計心得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/16121235

この記事へのトラックバック一覧です: 生みの苦しみ:

« お部屋を美しく保つには *風の流れ* | トップページ | 父からの贈り物 »