« 井戸から煙突へ | トップページ | 仕事の中の雑談は掛け算になる »

2007/07/27

美について

100_1263

 美について語ることは難しい。しかし、語らなければ仕事にならない時もある。

特に建築の場合、

「好き・嫌い」といった「好み」を超越したもの

を伝えることになるためさらに難しくなる。  

 「例えば・・・」と私の場合、いろいろなたとえを使うことが多い。

音楽、絵画、小説の中のある場面、女性の素肌の美しさ、肉体美、そして生き方など

日常で感動する美しさで説明する。

こう設計するとどのような美しさを感じられるのか。

そしてその空間はどのように心地よいのか。

自分の中にある感性を豊かにすること。

それは私の仕事の中で一番大切な仕事なのかもしれない。

「美」・・・生きている限り永遠のテーマである。

|

« 井戸から煙突へ | トップページ | 仕事の中の雑談は掛け算になる »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/15915345

この記事へのトラックバック一覧です: 美について:

« 井戸から煙突へ | トップページ | 仕事の中の雑談は掛け算になる »