« 地鎮祭 | トップページ | 九州ならではの? »

2007/05/02

この世にないものを伝えること

100_1244

今日は茅ヶ崎の現場へ。ゴールデンウィークなのでかボードを自転車に積んで道行くひとが多い。危ないのだけれど、なぜか茅ヶ崎ではそんなことがゆるされる場であるらしい。

イチコクとR134の間の鉄砲通りはネコの横断も多いのだけど、おじいさんおばあさんの横断も多い。のんびりとしていてヒューマンスケール、つまりゆっくりペースの私に合っているということかも(笑)

100_1233

茅ヶ崎の現場はここのところ雨が多く屋根工事が出来なかった。今日は屋根工事を行っていたので一安心。

内部の造作もこれからといったところでいろいろとアクロバティックに工夫しているところなんかあってどうなるか楽しみなのです。大工さんの腕のなる?ところだと思うのです。どうぞよろしくです!といいながらもだんだんこうやって出来てくると、

毎回思うのだけど・・・

「思っていた通りの空間だ!」ということ。展開図を苦労して描いた甲斐があったよね~と自分を誉めたりして。

しかし、この自分の中のイメージを設計の段階でお客様にご説明するのは至難の業。この世に初めて生まれてくるものだからです。

空間をイメージし共有することは難しいですね。3次元のなかに光や風、音、香り、雰囲気、そして感情やノスタルジーまでもが入って来ます。

それをなるべく細かく伝えることができるようにいろいろな見聞をし、ボキャブラリーを増やすために益々頑張ります~!

これから新幹線で(グリーン車!・・・しかとれなかったのですが)九州へ行ってきます~!

言いたかったのはこれか?

|

« 地鎮祭 | トップページ | 九州ならではの? »

casa la mar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/14925550

この記事へのトラックバック一覧です: この世にないものを伝えること:

« 地鎮祭 | トップページ | 九州ならではの? »