« 美への追求 | トップページ | 湘南で働く醍醐味は »

2007/02/25

仕事のできる人

100_1028

現場の中は厳しい。

昨日は例の杉板の打ち放しのコンクリート打ちの日だったので現場に向かいました。

すでにコンクリートは打ち終わりある種独特の静寂と安堵が漂っていました。

コンクリートの天端の納まりの確認をしておきたくて、足場を登って見ていました。夫と図面でいろいろと確認作業をして、さあ、降りようとした時・・・「ん~。どうやって降りようか。」と少々考えていました。

大きい現場だと本当に危険なので女性でも往来できるような足場があることが多いのですが住宅の場合はそうはいかず現場の基準が男性なので小柄で女性である私はいつもアスレチック状態になります。

もちろん夫はいつものことなのでひょいっと長めの足を足がかりにかけて降りてどっかに行ってしまい、私は「夫の長い足でこそ届く足がかりにはもちろん私の足は届かないなあ~」と思い勢いよくさあ降りようとしたところ・・・

「ちょっとまったぁ~!」と型枠職人の親方であるサイトウサンが職人さんに指示してはしごを掛けてださったのです。私は大学を卒業してこの業界に入り多くの現場を体験してきましたが、ここまで気配りの出切る方に出会ったのははじめてのことで昨日はとても感動して泣けて来ました。

俯瞰してみると女性はとても足手まといになりますし、現場ではいくら設計事務所の人間であれ若造と女性は「どけどけどけ~!」といったのはあたりまえ。その精神的な苦痛は両方兼ね備えた私にとって今まではとても苦痛なものでした。

サイトウサンは現場でも杉板の木目をどこまでだそうかと現場監督のアツタサンも含め一生懸命に一緒に考えてくれました。「タダサン、お茶どうぞ。」とお茶もよくいれてくださいます。そんなサイトウサンの作品は素晴らしく、「本当に仕事が出切る方は「気配り」が行き届いているのである~。」と心と身体で体験できた良い一日でした。

こういった素晴らしい方と出会い、共にいいものを創っていくことができるこの仕事は楽しいものです。若造(建築の世界では50歳まで若造です)でかつ女性の私にとっては正直キツイことが多いのもこの仕事ですがこういった光るエッセンスで素晴らしい魅力を感じることが出来ます。

さあ、またがんばろ~!

|

« 美への追求 | トップページ | 湘南で働く醍醐味は »

casa la mar」カテゴリの記事

コメント

サイトウさん、素敵です☆
お仕事のできる方って、人間としての品格もピカ一ですね!
お手本にしたくなる方と一緒にお仕事できることって
幸せですね~♪

投稿: miu | 2007/02/26 09:09

miuさま

こんにちは!
そうですね。お手本になる方と一緒にお仕事できることにあらためて感謝しなくてはなりませんね~。
人間としての品格はやはりその方から感動を頂きます。
日本人としての品格。日々研鑽ですね。

もうすぐ春ですね!

投稿: 祐子 | 2007/02/26 15:00

なんて素敵な方なんでしょう・・・
沢山の気づきがあり、大変であっても心から喜べる人と出会えるって幸せなことですね。これも、裕子さんの波動が引き寄せているからこそ!
ご成功をお祈りしています。。。

投稿: つづこ | 2007/03/01 17:08

つづこさま

おはようございます。本当に素敵な方なのですよ~。サイトウサンのような方がいらっしゃると現場も引き締まります。大切なことを教えていただけるのは本当に幸せなことですね~。
つづこさんの周りにも素敵な方が沢山いらっしゃいます。それはつづこさんの芯のある美しさが呼び寄せているのだと私は思っています。心と身体は繋がっているのだと心から感じて・・・毎日運動していますよ~!がんばりますね!

投稿: 祐子 | 2007/03/02 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/14039291

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のできる人:

« 美への追求 | トップページ | 湘南で働く醍醐味は »