« 外見と中身 | トップページ | クリスマスイルミネーションは・・・ »

2006/12/02

現場と座学

設計士はずーーっと図面ひいているかというとそうではありません。現場監理という大切な仕事があります。私は「現場を知らずして設計するべからず」という自分なりのポリシーがあります。

この仕事をしていて面白いのは行くとこ行くとこに勉強の材料が山ほどあることかもしれないですね~。「何をもってこの建物は出来たのか。」などといろいろと思考を巡らせてはぶつぶつ独り言など言いながら建物を眺めている人がいたらそれは私かもしれません。ハタからみるとかなり怪しいですね。

建築の設計だけでなく様々な場面でもそういった傾向にあります。気になる作品や活動に出会うとその方に出来る限り実際にお会いすることにしています。何かを媒体にして伝わるものと直接に出会った印象が違うことが多いからです。それがまた面白かったり感動したりと学びや気づきが多くあります。

そしてその一期一会である出会いの中で一番大切に思っていることは、お会いしている方や物の表面だけではなく本質を見ようと意識しています。その際には沢山の本物を見て審美眼を養っておく必要もあります。そのためにはもちろん座学は非常に大切なものだと思います。

最も大切なことは全体的なバランスなのですね。

|

« 外見と中身 | トップページ | クリスマスイルミネーションは・・・ »

建築家のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/12903809

この記事へのトラックバック一覧です: 現場と座学:

« 外見と中身 | トップページ | クリスマスイルミネーションは・・・ »