« 色の魔法 | トップページ | 私流・お休みのとり方 »

2006/12/24

100年の歴史

先日100年前に作られたという住宅の解体工事に立会いました。昔の住宅は面白いものが満載で私にとってとても楽しいひとときです。その住宅は関東大震災の時も無事だったという優れものでした。創りも大学の教科書の納まりを実際に見ることが出来、非常に勉強になります。

建具ももちろんひとつひとつ手作りで職人さんの心意気が感じられます。「粋な意匠であるもの」が多く今では作ろうと思ってもなかなか出来ない社会の仕組みになっているのでよけいに感動します。

バキバキと揺れている家の中に潜入し、面白いものを見つけました。それは100年前の小便器。なんだか味がある形なのです。(写真を掲載しようと思いましたがこのブログの中で浮いてしまうのであえてやめました。)この小便器を見て思い出したのが「cera」の商品の中でSTARCKがデザインした小便器DV083432R-00。極めてシンプルで良いと思います。使い勝手は私では分かりませんが・・・

解体工事を見て感じたことは、この住宅の中にどれだけの人の歴史や思い出、あるいは思いいれがあるのだろうか。ということでした。暮れだっただけによけいに心に響きましたとさ。

|

« 色の魔法 | トップページ | 私流・お休みのとり方 »

casa la mar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/13182052

この記事へのトラックバック一覧です: 100年の歴史:

« 色の魔法 | トップページ | 私流・お休みのとり方 »