« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

存在感

先日都内に用事があったので久しぶりに友人のTさんとお会いすることができました。彼女が私にぜひとオススメしてくださったカフェに行って参りました。

そこはCassina-ixc.のPRIVATE。カッシーナの家具のショールームとカフェをMixした空間。店内には建築家とそのクライアントらしき人々のミーティングが随所で行われていました。

そんな空間でお茶を飲むことは大変贅沢なことであるなあと思いながらも、家具との相性を気負いすることなくゆっくりと決めることができるショップとしてはとても良い発想だなとも感じました。

新しいカタログを受付の方に事務所まで送ってもらいました。じっくりとカタログを眺めて感じたのは「家具」が私に語りかけてくること。まるで「絵」を鑑賞するかのような「存在感」がそこにあるのです。

本物は「存在感」があるのだと再認識したのでした。

私の欲しい椅子もこのカタログの中にあります。やっぱりいいなあ~。と思いながらも、この椅子を置くのはやはり海の見えるアトリエしかないのよねぇ。と。しかも私の中で海はエーゲ海。いつ購入できることやら(笑)

存在感は人でも物でもそのものの「深み」であるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

音楽と空間

空間はそこに人が存在することによって始めて生きる。と私も思うのです。

そしてその空間にさらに深みをもたらすのは音楽でしょうか。私は自分の作品ごとにいろいろな曲の思い出があったりします。それは私が空間を生み出す際に「音」を通して作り出すゆえかもしれません。

ある時はラジオから流れる曲からインスピレーションを得、またある時はオペラやクラシックなどの曲が重なる時も。

本当に自分の世界に入り込んでエスキースを行うときは学生のころからの習慣ですが、「これ!」と思った曲を聞きながらが多いですね~。

最近はダイアナ・ロスのアルバム「I Love You」がお気に入り。彼女の歌声は私の五感に響きます。

Photo_1

バロック建築を見るとバロック音楽が流れる。音楽も建築も社会の反映、そして文化なんですね。文化として残るもの。大切に創造していきたいと。

・・・そう彼女の愛のある歌声のように人々にエネルギーを与えるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

10月を振り返って

もう早いもので10月も終わりますね~。

デスクの前に貼ってあるカレンダーを見て今月もたくさんのことを学ばせていただいたなと一つ一つ思い出しています。1ヶ月終わるといつに何をしたかをメモしていきます。思いのほかたくさんのことをしていることに気がつきます。

この作業を行うことは私の限られた大切な時間を効率よくつかう大事な時間です。そして何よりも見えない成果を見えるものに変える、そして自分で自分に「よくやった!」とほめてあげる時でもあります。

今月はいろいろな素敵な方とのご縁が多く、大変有意義な月でした。とくにYさんとの出会いは神様からの贈り物です。ある神様からのお告げ?によると私の寿命は1ヵ月半のはずでしたが(以前の記事にもかきましたが・・・)どうやら彼女のおかげでとっても長生きしそうです。しかも美しく!

こうしていろいろな方との出会いで私は生かされているのだと本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

いろんな指標

私の事務所の建築は創業以来「共生・共存」をうたっています。大きく言えば地球環境と地域性を考えた住宅づくり。もちろん自然素材を使って。

実はこの手のしっかりとした本がなかなかなく暗中模索でしたのですが、やっと出始めたよう。最近では図書館に行っても建築関係の本は環境分野に押されなんだか複雑な気分であったのですが、このように建築と環境がロジカルに結びついてきたということは大変うれしいことであります。

ということで私が昨日ゲットした本の一冊が日本建築学会編の「地球環境建築のすすめ」。その中にインプットとアウトプットの話が書いてあったので「おっ!」と驚いてしまったのです。

前置きが長くなったのですがようは指標の話。書いてあるのは「環境効率」です。

環境効率=生活の質(アウトプット)/環境負荷(インプット)

この式はきちんと説明するとまた長くなるので割愛します。また今度。

そこで私が考えた指標は私のインプットとアウトプット。

仕事効率=仕事の質(アウトプット)/仕事負荷(インプット)

ざっくりすぎてピンとこないけど私の場合この式にいろいろな四則計算が発生しそう。

仕事効率=仕事の質(アウトプット)/仕事負荷(インプット)×モチベーション

仕事効率=仕事の質(アウトプット)/仕事負荷(インプット)×健康

仕事効率=仕事の質(アウトプット)/仕事負荷(インプット)×夫婦ケンカ(係数が小数のはず)

感情は入れないほうがいいのでしょうが、入れた式がなぜか近しい気がする・・・

指標はあくまでも指標なのですが、結構自分の考えがまとまらない時に使うと便利です。よく子供に痛みを聞くときに医師が「昨日の痛さが10だったら今日はいくつ?」って聞きます。なるほど~。と思った指標です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/24

インプットとアウトプット

今日は銀行に行ったついでに大手の本屋さんに立ち寄った。結果的には・・・本屋さんに行ったついでに銀行に寄った。となってしまったのですが(笑)

私がわき目も振らず立ち寄ったのは建築の専門書のコーナー。うわぁっ。驚くほど本の種類が変わっている!と色々な本を物色して欲しい本がいっぱいで優先順位がつけられない!というなんだか学生時代のスポンジのような私。

というのも私自身、最近はアウトプットすることが多く、(私の場合、仕事で使うエネルギーのことの総称を言います。)自分のエネルギーがゴビ砂漠くらいに枯渇していたように感じていたのでした。単に疲れているのかと思っていたのですが、それが実は「これ!」だったとはまさに本屋さんに「いらっしゃ~い」と呼ばれたような気分なのでした。

本屋さんでのインプット(立ち読みとも言うかもしれない。)を真剣に行い、選抜して2冊ゲット。専門書はやはり高いなぁ。と思いつつ。・・・ふと気がつくと一時間以上たっており、「わっ!息子のおむかえの時間!」と駅に急いだのでした。家の前でジムショからケイタイが・・・「おむかえどうするの?」あまに長い寄り道に心配になった(息子と夕飯が)夫からの電話だったのでした。

建築バカって私のこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/19

輝ける働く女性達

この度、このブログをウーマンズキャリアナビというサイトの中のキャリア・コンサルタントのお勧めblogとして紹介を頂きました。

働く女性にとって大変参考になる記事がありますのでぜひご覧下さいませ。

最近では仕事と家庭の両立。とはあまり言われません。つまりどちらもあたりまえ!の時代なのですね。私が駆け出しのころはまだ総合職第3号ぐらいでしたので、女性初の転勤、女性初の現場常駐、女性初の育児休暇など「会社で女性初!」のものをたくさん経験してきました。

当時はそのような情報やネットワークがなかった時代。ひたすら孤独と戦っておりました(笑)今ではたくさんの仲間に囲まれてとても楽しい毎日です。そこからまた新しいビジネスや社会に貢献するチャンスが生まれたりしています。あきらめずにがんばって続けてきたことで今ではたくさんの素晴らしい方との出会いを神様にプレゼントして頂いているように思っています。

今年は7月に佐々木かをりさんが主催されてます「第11回国際女性ビジネス会議」の分科会で「ワークライフ・シナジー」に参加して参りました。今回はレポーターを引き受けておりましてレポートの内容はewomanのサイトに掲載されております。先日佐々木さんから「ewomanが6周年を迎えました。」とのメールを頂戴いたしました。私の事務所も同じ年なのです。なんだかとてもうれしかったですね~。ewomanもとても面白いサイトだと思っています。「私」の意見を大切にするコミュニティです。他に流されない自分づくり。とても必要なことであると私も考えます。

こうして時代も自分も実は刻々と変化していくのだなとあらためて考えました。その中にも変わらない自分としての何かがあり・・・

そして今まで出会ったさまざまなことはすべて必要だったことであると。出会ったすべてのことに・・・感謝して

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

洗練とスタンダード

最近ピンとくる雑誌がなくて困っていたところに・・・見つけました。EWという雑誌。

Photo

今まで一番読み応えのあったトランタンがなくなってしまって残念だったので思わず購入してしまいました。

私のような固い仕事をしているとあまりにも流行を追った服装は好まれません。しかしセンスよくないといけないので難しいのですが・・・清潔で洗練されたつまり上質でスタンダードなクラスのファッションが一番だと最近思っています。お客様の大切な夢や財産に大変失礼だと思ってしまうからです。(プライベートではファッションでもいろいろと楽しみますが)

実はそういったクラスのものを情報として得るのは難しいものがあったのですが、このEWはいろいろな情報が満載でとても重宝しています。ぜひ続いてほしいな~と思っております。

さて、もうひとつ。これは夫が買ったもの。TITLeという雑誌。11月は建築が特集でした。建築雑誌やインテリア雑誌とはまた違った視点での「建築」。結構面白いのですよね~。私も以前「女性建築家」としてある男性雑誌の取材を受けたことがありますが、男性雑誌は夢とロマンがあります。変わらないセンスとスタンダードなところをとても大切にしているような気がします。生き方をモノに感じてしまいます。

女性誌でもEWをはじめ、かっこいいクラスを感じさせる雑誌が増えることを願っています。

100_0520

先日、息子が木製ブラインドとガラスのお掃除をしてくれました。

光がとても気持ちがよく、テラスで家族とオープンサンドを楽しみました。

とても簡単ですがとても豊かな気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

繊細だけど図太く

「繊細だけど図太く」なりなさいよ。といわれ続けて十数年。

つまり「大人の女性になる。」ことではないかと最近折に触れて実感できるようになりました。「社会にもまれるとはこういったこと。」とも言えますし、「内から湧き出る自信。」とも言える様なものです。

「繊細だったのに図太くなった」は間違いです(笑)「繊細と図太さ」という相反するものが介在していないといけないようです。

私は歳をとるのがとても恐怖でした。「若さ」というもののエネルギーを失うのが怖かったのでしょうか。

しかし今はどちらかというと「歳を重ねる」ことを楽しんでいます。

それは少しくらいのことでは動揺しない強さやしなやかさのようなものが性格の一部として仲間入りしたからだと思っています。

あるお客様がこうおっしゃっていました。

「女性は30代後半からどう生きるかだ。そして今までよりずっと女として美しく身だしなみを整えなさい。」と。

この言葉はとてもこころに残っています。

繊細だけど図太く・・・一生の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/06

夢を生きている今・・・そして更なる夢は。

私の今は「ある夢」から始まりもうすぐ20年になろうとしています。

高校生の時までお世話になったピアノの先生。この先生は人生の相談者でもありました。その先生に当時の私は「住宅関係のデザイナーになる。」と宣言していたそうです。当の本人はあまり覚えていないのですが(笑)「建築家」や「建築士」という職業を知らなかったとき。その当時私は綺麗なお姉さんになり、ショールームでお客様にプレゼンをしている像を描いておりました。

そして学生時代。バブルの真っ只中でしたので当然、スタイリッシュなオフィスで設計をする自分。そして大手企業や役所等を相手に仕事をする自分を描いていました。

卒業して夢が叶い、そんなオフィスでバリバリと働いてきましたが、時が経つにつれ、ふつふつと自分の中からまたある野望が浮かんできていました。「自分の建築がやりたい。」と。

そして設計事務所を設立。2年後に夫をみち連れ?にし、二人で清水の舞台から飛び降りる気持ちでスタートしたのでした。

なぜこのようなことを振り返ったかと言いますと、先日あるお客様からお打ち合わせの場所をあるレジデンシャルホテルのカフェに。というご要望を頂いたからなのでした。といいますのも私は大のホテルカフェが好きな人間。いろいろな方とお会いする時はよく利用しておりました。そして丁度1年前にそのカフェの高い天井を眺めながらこのような場所で打ち合わせをしたら気持ちいいなあ。と思っていたのでした。

このような小さな夢が叶うといつもの苦労もすっ飛んでしまいます。夢は一足飛びにかなえるものではなく、こういったプチ夢をいくつもコラージュして叶えていくものだなあと思ったのでした。

私の夢は8年サイクルで大きく叶えられてきました。そして次の8年がもうすぐやってこようとしています。次の夢はとにかく壮大な夢なのですが、同じ想いを持っている方にも最近お会いできる機会が増えるにつれ、私の中でのイメージが徐々に鮮明になってきています。

今日も夢を大切に一歩ずつ進み続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

人間万事塞翁が馬・・・再び

今日、久しぶりにムっとすることがありました。

働く女性の方でしたら多くの経験をされているでしょうから共感される方も多いかと思いますが・・・

「女性」ということだけで専門的能力までをも勝手に判断してしまう人。このような人に私は沢山出会って参りました。今日久しぶりにこれに近い対応をされ、思わずムッとしてしまいました。

最近では私もオトナになったので正面からは対立しません。というのもこのような人とビジネスをしてもあまり実にならないことが多いと身をもって解ったからです。

今では逆に女性であることで初対面の反応で、概ねその「人の深み」が判断できることに感謝しています。

まさに人間万事塞翁が馬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

9月は時間泥棒が・・・

先日からくどいようですが、9月は超多忙な月でした。

時間泥棒がやってきたようなそんな感じがします。

今日から10月ですね~。

9月の手帳を振り返り、10月のタスクと目標を書きました。

10月も忙しそうです。運動会の季節でもありますし・・・

そんな私ですが、毎日「月」や「夕日」を見るようにしています。自分が生かされていることを思い出させてくれるそんな瞬間です。

みなさんは多忙な時、自分を取り戻す方法、どのようにされていますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »