« あるコラムを読んでの感想 | トップページ | 一流の女性に共通するもの »

2006/07/08

女性の勇気が世界を変える時

私の友人のTaekoさんのブログで私はある本と出会いました。タイトルは「砂漠の女ディリー」。本屋さんに行く暇がないのでAmazonで即購入。手元に届いたのは7月6日。そして全て読み終えたのが7月7日「七夕」でした。私は本を通して彼女と彼女の半生にめぐりあったのでした。

彼女とはスーパーモデルの「ワリス・ディリー」。アフリカ大陸のソマリアという国で遊牧民の一家に生まれました。時間と空間が時系列的でない世界で生きてきた彼女はある出来事がきっかけとなり家出をします。砂漠の中を走り、時にはライオンに食べられそうになり・・・しかし、彼女の本能的な直感と並外れた生命力、そして強運とも言うべき神とのつながり。普通では考えられないくらいそう「奇跡」としか私達には思えないほどのエネルギーを使い、彼女はスーパーモデルとなって行きます。

実はこの本で一番衝撃的なのは「女子割礼」。今ではFGM(女性性器切除)と一般的に呼ばれるようになっていますが、このまるで昔話とも捉えてしまうような儀式が今でも行われているという事実にかなり衝撃を受けました。彼女もその事実をなかなか伝えられなかった一人ですが彼女の「勇気」はそれから多くの少女を救うことになったのです。

マリ・クレール誌のインタビュー「女子割礼の悲劇」を受けようと決心した彼女ですが、その後の反響が不安で仕方がなかったといっています。しかし、その不安とは裏腹に励ましの手紙がたくさん来ました。その読者よりの手紙の一文、「わたしたちはなにか手をうたなければいけません。わたしは起きるとすぐこのことを考えてしまいます。・・・・一日中このことを考えてしまいます。」と。実は私もものすごく考えさせられました。この本を読んで涙を流し、怒りの感情さえ湧いてきたのです。そして最後に「勇気」をもらいました。

彼女の「勇気」はいろいろなところで派生していくと私は信じています。共生・共存の時代になろうとしている今、「私にできることはなんであろうか」とひとりひとりがじっくりと向き合う時間や空間が必要だと感じています。そして「変わる」ことへの「勇気」。

ちょうど私も「勇気」をもっていろいろなことにチャレンジしていこうと思っていたときの「めぐり合い」でした。めぐり合わせてくださったTaekoさんやいつも応援してくださっている方に感謝して。また前をみて歩いて行きたいとあらためて自分と約束をしたのでした。

|

« あるコラムを読んでの感想 | トップページ | 一流の女性に共通するもの »

本日のおすすめ」カテゴリの記事

コメント

祐子さん、今晩は!
何て光栄なんでしょう!私がブログで紹介させていただいたワリス・ディリーの本を、早速取り寄せられ、もうお読みいただけただなんて!祐子さんのこのケタはずれの行動力にただただ感嘆し、尊敬の気持ちでいっぱいです。祐子さんは、本当に素晴らしい女性ですね。今回の記事も、祐子さんの文才が光っていて、しみじみと感動してしまいました。
……それにしても、本当によかったです。この感動を共有できて!ワリスの本を読むと、「私も何かを始めなければ!」という気持ちになりますよね!一人でも多くの女性に読んでいただきたい本です。
来週土曜日にはビジネス会議でお目にかかれますね!この本の読後感や、新しいプロジェクトの話などたくさんたくさんお話したいことがあります(笑)。一日、ご一緒できますこと楽しみにしております。

投稿: Taeko | 2006/07/08 22:39

Taekoさん、こんにちは!
こちらこそ、七夕の素敵な出会いの架け橋になってくださったTaekoさんに感謝です!
素敵な本との出合いは人との出会いと同じように大切だと思っております。
今年は?も?良い年になりそうな・・・気がしています。
私もこの本は一人でも多くの女性に読んで頂きたいです。
今週の土曜日に一日、「知の空間」でまた化学反応をおこしましょう!
とても楽しみにしております。

投稿: 祐子 | 2006/07/10 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/10844209

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の勇気が世界を変える時:

« あるコラムを読んでの感想 | トップページ | 一流の女性に共通するもの »