« 家ではなく心の話が多い理由(わけ) | トップページ | 自分を変えたいときは環境を変える »

2006/05/15

火事場の底力

私が「火事場の底力」を体験したのは、
息子を出産した際の育児休暇の間に勉強し
「一級建築士」を取ったこと。

大学受験よりも必死だったという本音は
両親に言うと申し訳ないのだが。
(ブログを読んでいたらごめんなさい。)

かつて設計事務所は今のIT業界と同じで
残業、残業・・・体力勝負のところがあり、
仕事と家庭というだけでも大変な神業の上、
子育てもとなると不可能で、
それに資格の勉強なんていえば一日何時間あっても足りない。

だから私は今しかないと覚悟を決め、
かなり勉強した。
といいながらもしっかり公園デビューも果たし、
ベビースイミングに行ったりと
ママの生活も満喫していた。

いつ勉強してるの?と聞かれても答えようがないのが残念で、
自分のスタイルでの時間の生み出し方は
この時マスターしたように感じる。
「もともと頭がいいのよ」と言われることが多いが、、
そんなことはない。人並みである。天然であるし。

女性でこのような育児中に時間を捻出をされて
今活躍されている方が多いのに最近気づいたのである。
半分はお母さんパワーではないかと思っている。

|

« 家ではなく心の話が多い理由(わけ) | トップページ | 自分を変えたいときは環境を変える »

こどもとわたし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家ではなく心の話が多い理由(わけ) | トップページ | 自分を変えたいときは環境を変える »