« がんばらない時間をプレゼント | トップページ | 火事場の底力 »

2006/05/10

家ではなく心の話が多い理由(わけ)

私のこのブログ・・・
おそらく「家づくりのノウハウが知りたかった・・・のに」
と思われているかたもいらっしゃるのではと思います。
しかし、メンタルなお話が多いなあと。

実は、これには私でないとできない
「建築のあり方」が存在する理由(わけ)があり、
無意味に書いているのではないのです。

私の考える建築はソフトな部分をとても大切にしています。

「設計して作って、はいおしまい。」には
出来ればしたくありません。
設計という作業はものすごく大変な作業です。
そして同じものはこの世に一つとして存在しません。

その建物を完成した後、しっかり維持していただくのは
どうしてもお客様となります。
私が毎日掃除やデコレーションに出向くことは不可能です。
お望みでしたらそういった仕事も行いますが!
現実的ではありませんので・・・ということで、
建物の考え方の共有化がとても大切だと考えています。

建物を見事に使用されていると感動してゾクっときます。
涙が溢れることもあります。
大事に工夫してお使いのお知らせや、
街で出会って「今こんな状態ですよ!」
などと笑顔でお話をされると大変うれしく思います。

先日私の好きな雑貨屋さんの店長とお話をしておりまして、
皆に「好きなことやってていいね~。」なんて言われますが、
「やはり最初に出てくる言葉は好きより大変ですね~。」と。
私も深くうなずきました。やはり自営業は何でも大変なんですね。

鼻歌まじりで成功している人はそういえばみたことがありません。

設計の場合、設計から監理も入れると早くても一年がかり。
皆のモチベーションを維持するだけでも大変なのです。
クライアント・現場監督・職人・自分と。
メンタルな部分は様々なところで大切な要素となってきます。

一軒にかかわる人の人数も半端ではありません。

設計士はオーケストラの指揮者によく例えられます。

しかし、設計士が出来る範囲は限られています。
設計士はマジシャンではありませんので
すべてが出来るわけではありません。
よく質問されますが。

と書き進んでいるうちに相方の図面が出来たよう。
さて、模型づくりの続きに入りますか!
もちろん、私も模型つくりますよ!
以前は事務所で模型教室も行ってましたから!
もちろん、先生を!!!

えーーーーっという声が聞こえそうですがv(^^)v

|

« がんばらない時間をプレゼント | トップページ | 火事場の底力 »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がんばらない時間をプレゼント | トップページ | 火事場の底力 »