« ものづくりというもの・・・木とお見合い。 | トップページ | 輝ける40代に向けて今できることから。 »

2006/03/13

家の「氣」の流れを良くするためにまずすること。

昨年末から毎日慌しく過ごしておりました。
三寒四温とはこのことかと言わんばかりのこの気温の変化。
身体の調子がいまひとつ。
家の中がなんだかどんよりと感じる・・・

そんな時、まずは自分の氣を奮い立たせ、
私は、家中の掃除をします。
この儀式(笑)は家族がいない時に行いますので
家族は皆知りません。

今日は朝からどんよりとした天気でしたが、
夫に仕事を全てお任せし、
私は家中の掃除をすることにしました。
「おじいさんはしばかりへ。おばあさんはせんたくへ。」です。

「風水」や「氣学」の基本ですが、
お掃除は本当に大切なことなのです。
盛り塩やラッキーアイテム等を飾る前にお掃除をしましょう。
いつも生活させて頂いてる空間に感謝しながら。

家というものは家族の安らぎの場所。
清潔を保つことは福を招きます。
教会や神社、お寺は決まってお掃除が行き届いています。
お掃除することは心のお掃除でもあるのです。

オフィスも同じことだと思います。
雑然としていてはいざという時に慌てなくて済みます。
どの書類がどこにあるか。
使ったものは元のところに戻す習慣。

掃除をし終わるとスッキリします。
このスッキリ感は達成感となり、
家の氣も自分の氣も流れはじめるのが解ります。
お掃除が終わる頃、お天気も見方してくれたのか晴れて来ました。

家事の中でもお掃除は後回しにしがちなものですが、
実はとても大切なことなのです。
お掃除をして氣の流れを良くし、
心を幸福感で満たしましょう。

Tesuri01_1 現場のサクラ。楽しみです。

|

« ものづくりというもの・・・木とお見合い。 | トップページ | 輝ける40代に向けて今できることから。 »

整理整頓とお掃除」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。多田さんのHPより拝見いたしました。
私は国分寺で住宅を建てる計画をしている37歳の会社員です。
いろいろ、プランを出していただて検討中なのですが、最近煮詰まってきてしまって、いろいろ不安に思うことが多いです。
私たちの現在は、地相や家相などを気にしており、ここまでも一月ですが、なかなか大変でした。
でも、もう一度すべて白紙にして、何もとらわれることなく作成しなおしたいとも思ってしまいます。

コメントさせていただいたのは、HPの建築事例を拝見させていただいたからです。

4、5年前になってしまいますが、京都に転勤していたときに憧れていた空間の雰囲気を思い出しました。
西京区の桂に住んでおり、よく嵐山や竜安寺の周辺など散歩しました。
そんなときのことを思い出し、写真を拝見させていただいています。

投稿: 今泉 顯一 | 2006/04/04 00:09

今泉 顯一 さま
はじめまして。コメントありがとうございます。
また、HPをご覧頂き素敵なコメントまで頂きまして大変うれしく思います。

住宅を創り上げて行く過程ではみなさん不安を感じられてよくご相談をお受けします。金額も大きくまた時間とエネルギーを使います。私自身、建築家の役割として一番大きいものはデザイン能力と同等なカウンセリング能力だと感じております。
家づくりは複雑に絡み合った問題をひも解き、ひとつひとつ解決していくことが必要です。すべて完璧には出来ないことが多いですが、優先順位を決められて夢に向かって前進されてください!

私も京都が好きです。
日本人の魂を揺さぶられる街ですね。
嵐山の水辺や風、空気など目をつぶり思い描くと癒されます。
竜安寺もあの白砂の庭が素敵ですね。無駄なものを省いたという「禅」の思想・・・私共の設計の原点かもしれません。

また、HPには新しい竣工写真等載せていきます。こうして楽しみにしてくださっている方がいらしゃると思うと私も大変うれしくまた頑張ろうと思います。

今泉さまからたくさんのパワーを頂きました。
本当にありがとうございます。
素敵な住宅の完成をお祈り申しあげます。

投稿: 多田祐子 | 2006/04/04 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ものづくりというもの・・・木とお見合い。 | トップページ | 輝ける40代に向けて今できることから。 »