« 春の香り | トップページ | 生活を愉しむこと。 »

2006/02/27

手作りのお料理。

昨日、一昨日と二夜連続で夕食に御呼ばれを。
どちらも、ご主人様、つまり男性の手料理でした。

両日共、素晴らしく美味しく
そして紳士的なおもてなしでした。
こうしておもてなしを受けるという恵みに
大変感謝いたしました。

「お料理が出来る人は男女問わず仕事が出来る人。」
などとよくいわれますが、
私もそういう傾向はあると思います。

お料理はいろいろな要素をこなして初めてうまくできるものです。
つまり「段取り力」が必須。

また、おもてなしのお料理には特に頭を使います。
相手の為を思いやる気持ちが必要になってきます。

テーブルデコレートの基本もこの思いやりです。
派手さや斬新さも必要ですが、
「思いやり」に欠けるものは私は伝わらないと感じています。

建築、特に住宅もそうだと思います。
お客様に対する思いやり、ねぎらい、感謝の気持ち。
それが一番大切だと私は考えます。

仕事全般に言えることかもしれません。

お二人のご主人様、また奥様方、
ありがとうございました。

|

« 春の香り | トップページ | 生活を愉しむこと。 »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の香り | トップページ | 生活を愉しむこと。 »