« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1ミリも妥協しないものを作っていくこと »

2006/01/11

「叱る」と「怒る」の違い。

皆様、こんにちは。
寒いですね。今日はこちら湘南では霜が降りていました。

今朝、下の子を保育園に送りに行く際に大変気になったことがありました。

保育園の送り迎えは保護者にとっては時間との戦いのようです。
我が家では上の子は私が送り迎えをしておりましたが、
下の子は主に主人の役割となっています。
今はお父さんの送迎が多いなと思います。
特に、女性にとって朝の時間は大変貴重。
男性よりアクションが多い分、物理的に大変となりますね。

さて、気になったこと。
あるお母さんが子供がおしたくをしないので叱っているのですが、
「そんなことをしてると先生に叱られるからやめなさい!」と
怒鳴っているのです。

誰かに叱られるからやめる・・・とは?
子供がわかるはずないのです。

そのお母さんは時間がなかったのでしょう。
自分の怒りを半分子供にぶつけているだけのように見えました。
だから子供達は全く聞き入れません。
最後には泣き出し、お母さんと別れられなくなってしまうくらい
不安な精神状態となっていました。

私も勤めていたころは「早く!早く!」と時間に追われていました。
自営になり、また上の子が学校に行くので時間にゆとりが出来、
保育園の送り迎えはとっても大切なコミュニケーションの場となりました。

園での様子を聞いたり、街の落ち葉を拾ったり、
今日のお月様のかたちを見たりと。

働く女性でも男性でもちょっとものの視点を変えると
時間というものが時系列のものだけではなく「質」であることに
気付き、素晴らしい時間と空間を家族と共有できるのではないでしょうか。

空間と時間に感心を持ちましょう。
あなたの人生はきっとHappyになるでしょう。
YUKO TADA

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1ミリも妥協しないものを作っていくこと »

生きること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 1ミリも妥協しないものを作っていくこと »