« 姫沙羅の木で季節を感じる | トップページ | 職人の息使いが聞こえる建物 »

2005/12/04

着物とボジョレーヌーボーと太古持ちと

昨日はハウスコンペ(現在:ハウスコ)でご縁を頂きました
「回の家」にてパーティが行われました。
私達も夫婦で参加させて頂きました。

まず、京都の呉服屋さんからの着物のルーツと
現代でも上手に着こなす方法のレクチャーがあり、
着物の奥深さを教えて頂きました。

次に、10種類のボジョレーヌーボーの試飲会。
私は何らかの形で毎年ボジョレーヌーボーに出会いますが、
10種類も試飲出来たのは初めてでした。
とてもおいしかったです。

その後、すでに日本でも4人しかいないという太古持ちさんの芸。
小気味良い声と三味線の音が、木造建築の中で広がっていました。

いつものお顔なじみの方もいらして、
しばらくぶりでお話も弾みました。
実はその中に私の誕生日と同じ方がいらっしゃいます。
昨日は二人のお祝いもしてくださいました。
ありがとうございました。

総勢40名くらいの人が行きかっていましたが
狭さは全く感じませんでした。
みなさんが楽しんでいらっしゃる様子が
中庭から垣間見ることができます。

夫とふたりで、
「なんだか映画のワンシーンのようだね。」と
設計させていただいた家も共に嬉しがっている声を聞いて
嬉しさとありがたさが沸きあげてきました。

素敵なプレゼントを頂いた誕生日の夜でした。
A様ご夫妻様いつもありがとうございます。

|

« 姫沙羅の木で季節を感じる | トップページ | 職人の息使いが聞こえる建物 »

回の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫沙羅の木で季節を感じる | トップページ | 職人の息使いが聞こえる建物 »