« 「商品」と「作品」 | トップページ | 着物とボジョレーヌーボーと太古持ちと »

2005/12/03

姫沙羅の木で季節を感じる

姫沙羅の木。
落葉広葉樹。中高木。

建築家が好む木。
かく言う私達もこの木が好き。

姫沙羅は大体5cmくらいの幹の株立ちで、
線が細く本当にやわらかい木。
絵になる木。
女優さんでいうと黒木瞳さんのような
美しく可憐。しかし力強さを感じる、そんな木。

初夏には可憐な白い花が咲き、
秋のはじまり、ひぐらしさえ鳴かなくなった頃、実をつける。
肌寒くなると赤く色づき、
最後には葉が落ちてしまう。

実は私のマンションのEVホールの前に姫沙羅があるのですが、
この木は私の中で季節を毎日感じさせてくれる木なのです。
一日、一日、表情が違うのですね。

そして、自分も一日、一日と表情が違うのでしょうと
多忙で忘れがちな日常生活の中で
本当はとても大切なことを思い出させてくれる。
大切な存在。

つい2、3日前までは赤く色づいていたけど
これから落ち葉となっていくのでしょう。
今日は私の誕生日ですが、どんな表情なのでしょうか。
そして私は?

☆人生も季節がある。その季節を楽しむことが得意なのが日本人の歴史。
 さあ今年の冬の楽しみを見つけましょう。
           YUKO TADA 

|

« 「商品」と「作品」 | トップページ | 着物とボジョレーヌーボーと太古持ちと »

庭のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「商品」と「作品」 | トップページ | 着物とボジョレーヌーボーと太古持ちと »