« 職人の息使いが聞こえる建物 | トップページ | 原点に戻る時・・・繋がること »

2005/12/09

YUKO TADA 住宅作法

私の設計はどうやって生まれるのか。
と最近よく聞かれるようになりました。

一言ではとても語りきれないものです。
そしてかなり無意識で行っていますので
「言葉」に表現するのは大変難しいと思います。

私は強制的にデザインすることはまずありません。
確かにお客様の要望をお聞きし、
「カタチ」としてしあげていきますが、
私はエスキースをする時には
必ず私だけの力ではない何か不思議な力を感じます。

学生時代にかなり哲学や心理学を学びましたので
そのような要素も入ってきていると思います。
しかし、建築にかかわって20年近くになろうとしていますが、
なによりも毎日の積み重ねが最も大きいと思います。

建築家は50歳でやっと一人前と言われます。
確かにそうだと思います。
また、誰もができる職業ではないとも思います。
もって生まれた才能は必要でしょう。

努力と建築が好きということ。そして才能と心地よい環境。
このようにいろんな要素がバランスよく維持できること。
それが、私の中から良い空間が産まれる秘訣です。

☆あなたの中にある才能は何でしょうか?
 それを維持していくアクションを起した時、
 天使があなたを導いてくれるでしょう。

           YUKO TADA

|

« 職人の息使いが聞こえる建物 | トップページ | 原点に戻る時・・・繋がること »

わたしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144436/7539075

この記事へのトラックバック一覧です: YUKO TADA 住宅作法:

« 職人の息使いが聞こえる建物 | トップページ | 原点に戻る時・・・繋がること »