トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

住まいもカスタマイズ

竣工して引渡しをした後、その建物にお邪魔する機会を頂くことがあります。
私共のクライアントさんは皆さんセンスが良いのですが、
本当に皆さん様々な個性で住宅を少しずつカスタマイズされており
関心を通り越し、感動してしてしまいます。

私達が設計した住宅が素敵なジュエリーで飾られたようなそんな美しさです。
女性の方でしたらもうお分かりでしょうが、
ジュエリーを着こなすのは日々の大変な努力が必要ですね。
美しい肌、姿勢、身のこなし。
そしてオーラと共鳴するような輝き。

美しいものを美しく引き立てるには美しいベースが必要なんですね。

それには、毎日のお掃除や、日常にアートを取り入れる感性、
また、良質なものを丁寧に使い込んでいく心遣いが必須でしょうか。

私にとって設計した建物はわが子のようです。
その子供達が個性を輝かして成長し、輝いている姿を見たとき、
本当にこの仕事をしていてよかったと思います。

| | コメント (0)

2005/10/26

炎の癒し

ここのところ急に寒くなりましたね。特に乾燥しているようです。

お肌には大敵な乾燥。女性は特に気になりますね。

さて、暖房方法ですが皆様はどのような暖房器具をお使いでしょうか?

一番オススメなのは床暖房です。足元が暖かいので実際の体感温度も高いそうです。

最近人気なものが薪ストーブです。

特に男性に人気があり、設置される方が多いです。

炎の煌きに癒されるという「癒し」効果を期待していらっしゃる方が多いですが、

実は機能的にも本当に暖かいようです。

また、火のまわりに皆が集まるのもまた暖かい絵になりますね。

家族や親しい友人などとの楽しいひと時も増えそうです。

時間の進み方が違ったように感じるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2005/10/21

すっきりってここちいいこと

私は忙しいので月に一度だけお掃除のプロの人にお願いしています。

毎月、気になるところを指定しプロの技でキレイにして頂くとすっきりとします。

お掃除の料金は物の多さで決まるというお話でした。

それだけものがあるとプロでもお手入れも大変なのですね。

お友達からよく、すっきりしたお部屋でいいですね。と言われます。

ウチもすっきりとしたいのだけど・・・どこから手をつけてよいのだか。とよく言われます。

ウチでは・・・

季節ごとにデコレーションはしてるのですが、

余計なものはこの部屋には置かないといった約束を家族としています。

当然ながら、ごちゃごちゃしている部屋もあります。

まずは一番家族がくつろぐ場所や、お客様をお通しする場所にものを置かないこと。

ではないかと思います。

規則を作ってしまうのです。

DMなどはどうしているの?ともよく聞かれますが、

本当に必要がないDMは「受取拒否」と書いてポストに入れるだけです。

当然、中身を見ずにすぐに捨ててしまいます。

とっておいても見ませんし、見てしまったら余計な購買欲をそそられ、

ついついものが増えてしまいます。

私もかつて整理整頓できない人でした。

どんどん捨てていく主人を見て、はたと気付いたほんの些細な事でした。

捨てるのには勇気がいりますが、捨てないと新しい風も入ってきません。

恋人と同じことでしょうか・・・ね?

| | コメント (0)

2005/10/13

住まいは人をあらわす

住まいはその人を表します。

よく、真っ白なところから3次元を作る能力に驚かれるのですが、

私にとっては真っ白ではありません。

住む方のイメージとその敷地という膨大なデータがあります。

それらを把握した瞬間にほぼ映像として浮かびます。

その能力はもってうまれてきたものもあるかもしれません。

しかし、いくらかの訓練は必要です。

私は、その人の現在ではなく未来をイメージして作品を設計します。

住宅は住む人の未来のためのものですから。

そして、設計者とは「人の気持ちがわかる人」であるのが大変重要だと思います。

また、生活感がないのだけど、しっかり家事を経験していないと

美しく、機能的な住宅は出来ないと思います。

建築家を選ぶ時、デザインも大切ですが、

建築家の暮らしぶりや器の広さ、カウンセリング力などもしっかりと見極めないと、

あとあと・・・とんでもないことに。

| | コメント (0)

2005/10/10

みなさまはじめまして。

はじめまして。

皆様に「美しい住まい」を通して心と心をつなぐようなエッセイを書いて行きたいと思っております。

皆様とどこかで・・・「美」を通した、ご縁がありますように。

●作者略歴

多田祐子(ただゆうこ)

福岡県生まれ

神奈川大学工学部建築学科卒業後、㈱日総建入社

1993年インテリアプランニング賞「建設大臣賞」受賞。

1999年同社退社後、「多田建築設計事務所」設立。

現在、夫婦での共同主宰とし、

主に、湘南地域で建築家として幅広く活躍中。

JDCAにおいてはテーブルデコレート専任講師。

多田建築設計事務所公式ページ http://www.arttada.com/

| | コメント (0)

トップページ | 2005年11月 »