いつもご覧いただきありがとうございます☆

オンラインセッション開始による特別企画!

住まいをミカタに輝く未来にしよう!

「新築もリノベーションも予定がない」

「だけど、今のライフスタイルを変えたい!」

と思っている方へ!


豊かになるコンサルティングセッション 特設ページ

http://www.campaign.you-allabo.com/

詳しくはこちらの記事から



Lp_20200911101601



あなたは変わらなくていい。

   住まいがあなたを変えてくれる」


共働きで子供を育ててきた経験より
「シンプルに住まうことが豊かな人生をもたらす」
住まいが重要なことを、世の中の困っている人にも伝えていこう!と、
夫婦で2000年、多田建築設計事務所を設立しました。
同時に、より良く住まうための「暮らしの癒やし」というサロンを主宰。
今では多くのファンの方に支えられています。
(現在は豊かになるライフスタイルラボに改名)

20年経った現在まで、住宅は50棟以上、また、サロンや講演などで
お話を聞いてくださった方は1000人に登ります。
しかし、単純計算すると、住宅設計は、年間3棟です。
多くても1年に6棟以上はお受けしていません。
この数字からおわかりの通り、決して大きな事務所ではありません。

それは、一級建築士の資格を持つ夫婦2人で、常に共に1件の設計案件に向かい、
お客様に寄り添うようにして、1棟1棟を丁寧に作り続けていきたいから。
今まで多くのお客様が、出来上がった住まいを心から気に入ってくださり、
仕事でもプライベートでも充実した人生を送っている喜びが、
少しずつ日本中に広まっていったのだと思っています。

お客様には共に歩んでいただき、心より感謝しております。

素敵なみなさまともご縁をいただけますと嬉しく存じます。

多田祐子

多田祐子の

現在を知るClubhouse アカウント→@yukohany
思考を知るtwitter アカウント→@hany_18love
歴史を知るfacebook
感性を知るinstagram
を知るnote

芸術家の視点からの発信しています。
感性を高めるツールとしてお役立てください。
*フォロー頂けると嬉しいです!

 

多田建築設計事務所共同主宰
https://www.arttada.com/

豊かになるライフスタイルラボ主宰
http://you-allabo.com/

一級建築士 /講演家/画家/セラピスト

福岡県生まれ
共感覚保持者

ビジネスプロフィールはこちらから →

トークショー、セミナー、講演等の実績はこちらから 
講演内容はこちらをご参照ください。→ 講演依頼.com多田祐子プロフィール 

 

藤沢市湘南台 5丁目, 神奈川県, JPのHouzz登録専門家多田 博多田 祐子

_mg_6476_2

Photo

Img_0194

2013年7月 北鎌倉の家「渡辺篤史の建もの探訪」 にて放送され、
2015年1月、2020年1月と渡辺篤史×多田祐子トークショーを2回させていただきました。

また、多治見セラミックパークにて。
大草の家のお施主さんの声を伺いました。
当日の様子をスライドショーYouTube にてご覧ください。
_mg_4766

https://youtu.be/3nqWhD7dB6A

講演・執筆依頼、ご相談・お問い合わせは
お問い合わせフォームもしくは
お名前・ご連絡先を添えてPCメール受信できるアドレスから

info@arttada.comまで。
-----------------------------
当事務所で建築されたお施主さんの声です。
↓からどうぞ。

Voice-bana1

事務所を設立して20年となります。
ふたりの息子たちを育てながら切磋琢磨している様子を綴っています。
作品別アーカイブとなります。
こちらからどうぞ↓

Photo_20200508140801

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/02/15

ローコストの本当の意味、知っていますか?

5-1 

立春を過ぎ、清らかな気分になるかと思いきや
緊急事態宣言の延長で、な~んとなく気分が真冬のまま…のような^^;

でもね、道端に水仙の花がしゃんと咲いていたりすると
嗚呼、もう春が来るのね、と、勇気をもらったり。
そして私はいつもと変わらず、モーレツに仕事しています^^;


さて、最近ではインターネットを通して多くのご質問をいただきます。
その中で、とても多い質問のカテゴリー。
それはズバリ
「ローコスト」

このローコスト、とても響きが良いのか、どこかがうまく使っているのか
本来の意味合いと違う、勝手な独り歩きをしているように感じています。

ローコストの本来使われていた意味合いは、
「条件を整理し、優先順位を明確にして、無理無駄のないデザインに仕上げる」
という意味だと思うのです。

それが最近では、単純に、
「自分たちの要望するものを安く作ってくれればそれでよい」
となっているように感じます^^;
この場合、ローコストとは言わないと思うのです。
また、深く突き詰めては、それはデザインとも言わないでしょう。

さて、Pros and Cons(プロコン)分析という方法があります。
これは、物事を進めるにあたって、メリット・デメリットをだして
優先すること、やめることを決めて物事を進めていく方法です。
「比較表」と言えばわかりやすいでしょうか。

前職、の組織設計事務所の企画をおこなっていた頃、
この「比較表」を必ず作ってから、クライアントへプレゼンしていました。
もう、これまでいくつの比較表を作ってきたでしょうか。

建築をこの世に具現化させる最初のおこないが「設計」です。
ものを作るにあたっては、いくつもの要素について整理し
優先順位を決めてかなくてはなりません。
先に言う「比較表」を何十枚も作っているようなものです。

私が「デザインは引き算である」と言っているのも
この作業のことを言っているのです。

すぐれた美しい建築は、このプロコン作業の引き際をどこにするかで
決まるといっても過言ではないのです。

私にとって
本来の意味でいう「ローコスト住宅」を作るのは楽しいですし、大好きな仕事です。

そう、この辻堂東海岸の家やKATADA Lodge&Villa のような…

Katada3

| | コメント (0)

2021/01/28

いとしさをみつけることは人生を愉しむ術である

Img_3951

ここ数日、送られてくる経営者の方のメルマガなどを読んでいますと、
このコロナ禍で急速にオンライン化が進んだことは
未来が早く来たのだ、ということを書いてある方が多いようです。

私くしも2度目の緊急事態宣言が出てからというもの
更に、人とお会いする機会が少なくなりまして
もっぱら、ZoomやSlack、LINEなどでのやりとりとなっています。

そんなある日、
とても親しくしている友人から業務連絡でメールをもらいました。
このコロナ禍に陥る前までは、一番頻繁に会っていた女性なのですが
すっかり会えずにいて、もっぱらLINEでのやりとりが主でした。

さて、そのメール、たった数行だったのですが、
業務連絡の他に一言、二言、
彼女自身の日々の気づきから、
私への気遣いがふわりと言葉にしてあったのです。

彼女の紡いだ言葉をじっくりと味わい、
そして、時間をかけて生まれてくる言葉をそっと返す。
そしたら、数日後に、つと返信がくる。
そのリズムも、言葉も、
心にほのかな春の光が差し込むように、心地よいのです。
そんな柔らかいやりとりが続く中で、ふとこう思いました。

今まで、LINEでやりとりしていた時は気づかなかった
この心地よさは何だろうか、と。

思い返した時、
それは、昔なつかしい、文通や交換日記に近い感覚だなあ、と。

そこで、長年の愛読書である清川妙先生の
「心をむすぶ美しい手紙」の中のこんな一文を思い出しました。

51759kcb98l_ac_uy218_

「いいことばがいい人生を創る」という章の中に

ーーーーここから引用ーーーーー


小さなもののいとしさをみつけることは、
生きることの愉しさをいつけることなのだ。
小さなものだけでなく
小さなことば、小さな思い
ーーーーそんなものすべてを、大切なものとして扱うことから、
私たちの心の世界は、ゆたかに息づく気がする。


ーーーー引用ここまでーーーーー


思い返せば、ものづくりも
ことばを通じてようやく
はじまるのだ。

お客さまともメールでのやりとりの中の小さな小さな心づかいから
加速度を増して
大変価値のあるものとなっていくのだ、と。

会えない時だからこそ
オンライン化だからこそ
いいことば、あたたかい、やさしい言葉を丁寧に紡いでいきたいと思う
今日このごろ。

「だれが正しいとか間違いだとか、そんなことは横において
 大切な誰かににあたたかい言葉を紡いでいたい」

その他のことは、「美意延年」でこの時期を生き抜くとしましょうか^^;

清川妙さんの素敵な言葉はこちらの記事にも書いています。
↓↓↓

http://aqua-marine.tea-nifty.com/arttada/2017/06/post-fcfa.html





| | コメント (0)

2021/01/21

ストレスのたまる家に住んでいませんか?

Katada11
                        人とモノの距離感を繊細に検討しつくして作ったKATADA Lodge&Villa/津カントリークラブ
                           客とバーテンダーとのさりげない距離感が心地よい会話を生みだすように
                カウンター、椅子の高さや幅を決めている。


寒い日が続きます。
暦の上でも大寒を過ぎ次の立春まで
日本の四季では今が一番寒い時。

緊急事態宣言も首都圏に引き続き各県も発令され、
街では、人とすれ違う時にお互い最大限に距離をとってすれ違ったり。

リモートワークについても、オンライン上での打ち合わせはできますが
やはり、顔を突き合わせて話すのとはちょっと違うかなあ、と思ったり。


今、あらためて人との距離感について考えさせられています。

そんな時に、学生時代から何度も繰り返し読んできた本を思い出すのです。

41ncleaw9il_sx351_bo1204203200_

人類学者であるエドワード・ホールの「かくれた次元」

動物にはスペーシングと言い、
自分自身のテリトリー(領域)を持っています。
人間だけが他の動物と違い
文化という新しい次元をつくった、という発想です。

例えば
人間は脳の延長でコンピューターを、
声は電話、足は車、言語は体験を作り出し、
これを新しい次元=文化として、
新たに作り出し、その作り出した領域を生きている、と彼は言います。

そして、こうも言っています。
「人間は文化を発達させるとともに、自分自身を家畜化した」と。
つまり、自ら作った文化に支配されてしまっている。

だから、人間的に生きるためには
今こそアメリカの都市は、
この感覚的距離感を理解する建築家によって作り変えねばならない、
とまでこの出版された1970年代に、すでに言いきっている。

便利だけど、いずれ動物としての感覚を忘れてしまう、ということを。

さて、以前にも「建築の本質は間を設計すること」という記事を書きましたが
私の作る空間は、単なる広さを取り、見栄え良くするためにデザインをしていません。
見えない部分であるモノとモノの間にある「空」
これを、この動物的な感覚である距離感できちんと計算しています。

わかりやすく言うと、
使いやすさ、居心地の良さ、を十分に検討してあらゆるものを決めている、ということです。

エドワード・ホールもこの本の第5章で言っています。
空間の過ごしやすさは、視覚的な体験より筋覚的な体験が大切であると。
筋覚的とは、つまり、
目で見る広さだけではなく、
その部屋で何か行動する時にスムーズに行動できるか、
動作の一連が心地よいか、ということです。

ここで、彼の例えを文中より引用してみましょう。

ーーーーー以下引用ーーーーーー
女性は、ふだんは陽気で社交性に富む人物であったが、あるとき、近代的ではあるが設計の悪い彼女の台所のせいで、十何度目かのかんしゃくをおこし、こうどなったーー。
「私はたとえ親しい人にでも触れられたり、ぶつかられたりするのが大きらいです。だから私はこの台所にいると気がちがいそうになるんです。だって食事のしたくをしようとすると目の前に必ずだれかがいるんですからね。」
ーーーーー引用ここまでーーーー

これは極端な例なのですが、
普段意識していないからこそ
人のこの動物的感覚はとても重要なものです。
なぜ、不愉快に思うのかーーーーー。
それは、ストレスを感じるからです。
究極にいうと、命を守るためのストレスです。

さて、建築の第一の使命は、「あらゆるものからいのちを守ること」です。

講演でも、いつもお話していますが、
人は、無意識のレベルでかなり敏感に環境をキャッチしています。
そして、その感覚によって多かれ少なかれ感情を動かされています。

高所恐怖症や閉所恐怖症などは顕著にあらわれた例かと思います。

ストレスのない空間にいることが、一番に大切なことなのですね^^

| | コメント (0)

2021/01/09

年頭所感2021~生活基盤を最重要事項に。その上で生きる目的を明確化する。

1_20210109140301

新しい一年が始まりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
神奈川県は7日より緊急事態宣言が発令され
湘南の街はしんとしています。

2020年の昨年は新型コロナウィルスによる影響で
今まであたりまえであったことが出来なくなったり
外出する際のマスク着用、手の消毒などが日常となりました。

また、ステイホームをすることで、家族といる時間も増え
暮らし、そして、住まいは生きる上で最も大切にしなくてはならない場なのだ、
と痛感しておられる方、多いのではないでしょうか。

さて、感染症といえば、実をいうと、
私にとって、かなり身近であるものなのです。
なぜなら、私の父は幼い頃に天然痘にかかり、
福岡県で奇跡的に治癒した子供だったからです。
完治した時は、地方の新聞にまで載ったという話を小さな頃から度々聞いていました。

この話を耳にする度に、

「奇跡的に助かった父から生まれた私。それはかなりの確率の奇跡ではないか!」
「だとすると、何の目的で生まれたのだろうか?」
「こうして生まれてきたからには、絶対に何かやらねばならないことがあるはず!」

と、子供ながらにも小さな頭で、ぐるぐると考えていました。
だから、19歳で単身で福岡から関東へでてきて
今まで子育てと仕事に一心に頑張ってこれたのも
この内から湧き上がる何か衝動があったからです。


また一方では、そんな経緯があるためなのか
幼少期には、「清潔と栄養」についてはとても注意深くしつけられました。

・整理整頓や掃除の徹底
・滋養となる食材を自炊し、必ず家族全員そろって食べること
・手洗い、洗濯など、身の回りのモノを常に清潔にすること
・むやみやたらに素手で目や口などを触らないこと
・先祖には常に手と心を合わせること などなど。

今ではもうあたりまえとなった幼少の頃の厳しいしつけが
このコロナ禍では、生きていく基本中の基本ともいえる整った生活の基盤づくり
これが身についていることが、とても役立っているのではないかと。
昨年一年間は、しつけをしてくれた両親に改めて感謝の念が沸き起こりました。

同時に、「人間として生まれた目的」についても
ステイホームの時間利用し、より一層、探求いたしました。
オンラインで必要な講座を勉強したり、本を読んだり。
そして、昨年秋頃より、ブログやSNSに綴り続けたことで
いろいろな方面からのお声がけが続き、少しずつカタチとして現れ始めました。
現在、多方面に向けてスタートしております。

建築家としての仕事については、
住宅の枠を超えた、多用途の建築設計のご依頼を方々でいただくようになりました。
こちらも事務所としてのコンセプトを明確にすることで、
同じ価値観をお持ちの方とのご縁をいただくようになりました。
引き続き頂いたすべてのみなさまの夢を具現化し実現できるように尽力する次第です。

また、昨年暮れには、私にとっての兼ねてからの望みであった出版も決まりました。

これから今までとは違う、全く新しい世界への門出ともいうべき2021年。
ようやく奇跡的に生まれてきた目的を明確に出来た今だからこそできることを
一歩一歩を踏みしめて進みたいと思っております。

決して私の力ではなく、生かしていただいていると
出会う方々とのすべてのご縁に感謝して。

2021年 1月 
同い年の太陽の塔を仰ぎ観ながら

多田祐子

| | コメント (0)

2020/11/24

結論:死を迎えることのできる住まいは、よりよく生きるための住まいなのである。

126898587_369387144125179_63117485138580

いよいよ晩秋となり、師走の「し」が見え隠れするように。
先週までは暖かい日が多く、今年は秋を長く感じられたように思う。

そんな麗らかなある日、とあるメーカーの女性が初めて営業にみえる。

名刺交換が終わるやいなや
「さて、先生、HPのプロフィールで見たのですが…」
彼女は同じ大学出身だとおっしゃる。

学年も3つ違いであるので、どこかで会っているはずだ。

…そうそう、当時の建築学科は6階に製図室があり、
EVもなくて、階段での往来、女子トイレも3階にしかなくて…
研究室に積まれた製図台で寝起きし、そこで炊事をし、学校近くの銭湯に行き…

もう、あたかもオンナであることがいけないことのような
いやいや、オンナであることを思い出してはいけないような
そんな環境であったけれども、
それがまた愉快でもあったね、という昔話にハナが咲く。

しかし、今、彼女にも娘がいて、私にも息子がいる。

さらに「自宅で死を迎えることのできる住まい」の大切さを
S教授の1年生の最初の住宅設計の講義で教わったね、と。

数年前、先生のご自宅での葬儀に出席し、
先生の棺を担ぎ、ご自宅から運び出した彼女は、
運びながらも、再び目を開けることのない先生に向かって

「いやぁ、先生、めちゃくちゃ棺が運びづらい設計なんですが!」と言いましたわ、と。

「それは、設計がいけませんわ」な~んて。

そんなことを、笑って言えるほど、
気さくで愉快で優しかった先生のご自宅の記憶がよみがえる。

私も就職したての頃、
女子大生ブームでチヤホヤされた学生の頃とは打って変わり
男尊女卑(今は死語?)の実態に直面し
自分の将来について真剣に悩んでいた。

その時、学生時代の友人と共に
先生の箱根のご自宅に伺い、清流釣りや食事をご一緒させてもらい、
元気を取り戻すことができた一人だ。

ということもあり
私にとって大学1年生の時のS先生の授業が一番心に残ることとなる。

授業中、はじめて「死」について思案したとも言え
また、はじめて「生きること」に真摯に向き合ったのだ。

それから私は、暇を見つけては、哲学書をむさぼり読むことになる。
そして、思想をカタチにしたいと思い、出された課題にぶつけていった。
他の講師陣ともディスカッションを繰り返した。
ある講師に、
「君の言ってることはすごいことだ。素晴らしいよ。でもこれをカタチにすることができるのか?」
と言われ、悔しさあまり、EVの無い校舎の屋上で、涙が枯れるまで泣いた。
そして、決心した。「いつか必ず作ってみせる」と。

授業として建築の設計を学習するべくの学生生活であったが
自分の建築のテーマを「よりよく生きるための空間の創出」として
哲学と心理学を独学し、多面的に追求し続けた。

あれから30年経った今でも、ひとつもぶれてはいない。
暇をみつけては、哲学書などをむさぼり読み思惟する。
しかし、まだまだ、死はともかくとしても「生きる」ことすらわからない。

ただ、実生活を通して子供を産み、育ててきた中で
なんとなく、腑に落ちるキラキラと光る優しい一筋の光を見つけたようには思う。

そして、今までご縁をいただいた施主さんも皆、
「生きる」ことに真剣でそしてそれを楽しんでおられるのを見ると
書籍から学ぶことはできない、
仕事の中にこそ、金色に光る美しい光がたくさんあるように思う。

「私はあの時の想いをカタチにできているのだろうか?」
日々、自問自答しながら、今日も一本の線を決める。

死はいつ訪れるかわからない。
そして、
幸せとは、幸せな死を迎えることではないかと。

結論:死を迎えることのできる住まいは、よりよく生きるための住まいなのである。

生と死。
生は死の中にあり、死は生の中にある。
離反することはできない。

きっと、日々の曖昧模糊な中の優しい光が答えなのだ。

だからこそ日々、素敵な方々の仕事をさせていただけることに、心より感謝している。









| | コメント (0)

2020/11/07

「新しい私へ」と向かっています

122052666_572899670340145_51309088266908

ブログやSNSの投稿に費やす時間がなく、
最近、「元気にしているのか?」
というお便りを多々頂いてしまい恐縮しております。
おかげさまで元気です。
ということで少し近況報告を。

一つは、思わぬ分野よりお声がけ頂き
新しい立場での仕事をすることになり、
まだまだ暗中模索の中におります。
(来春リリース予定です)

また、三重県にて
個人所有の小さな音楽ホールの設計も始まりました。
昨日は音響の確認をしに、
秋葉原サウンドセンターにてクライアントと打ち合わせでした。

世界でもご活躍されてきた音楽家ご夫妻との創作は
とても学ぶことが多く、
ホールの設計は建築と音楽の創作ダンスと言えるでしょう。
素材やディティールなどの些細なことで一つの音が決まってしまうと思うと
身も心も引き締まります。
さて、ホールの設計をしていると、
ピアノを弾いていた頃の記憶から、
前職時代に携わっていた美術館やホールなどの公共建築設計への
メモワール(記憶)が浮かんできます。

プルーストよろしく香りも記憶を呼び起こしますが、
音楽も記憶を鮮やかに呼び起こすものですね。
さらに、このホールを作る仲間においては、
昨年より今年の夏まで起こったいろいろな出来事の中で、
散り散りに途切れてしまった縁が、
なんと、再びピタッとつながったのです。
自分の中にある「義」を守り続けてきたことで再縁となったこと、
判断は間違っていなかった、と感極まる想いでおります。

芸術に触れることがままならなくなった昨今、
これからの芸術の未来に少しでもお役に立てるよう益々尽力する日々なのです。

また、このコロナ禍を生き抜くために
身を決して立ち上がった方々とのご縁も頂いております。
一緒に切磋琢磨し、改革案を思案する日々です。
今こそ建築に何ができるのか?と。

それは自分自身との戦いであり、
さらに志高き仲間と共に、じっくりと前を向き、
生きていきたいと、願いを込めて。

| | コメント (0)

2020/11/05

清流のごとく凛々しく生きよう

123479192_393069848545922_89441941341136

秋深まり紅葉が美しいですね。
街路樹のハナミズキも真っ赤に色づいています。

さて、ブログや他のSNSでもあまり発信しないため
元気ですか?と心配したメッセージを頂く今日このごろです。
おかげさまで元気にしています。

現在、いくつか計画している意匠(デザイン)に没頭しており
何をしていても、それについて考えている状態でおります。
夢でも考えている(笑)

しかし、更新されていない拙ブログにアクセスしてくださる方が多く
大変申し訳ない、と思い、近況報告を。

またまた三重県で有り難いご縁をいただきまして、このところ度々訪れております。
愛知県から7kmほどの城下町。

計画の初めには、必ず役所に行き、法規、条例などを確認するのですが
今回、行かなくてはならない下水道局が、多度大社のすぐ脇にある、
ということで、なるほど、これは何か呼ばれたようだ、と、
大社に立ち寄らずして帰れないではないですか^^;

123540271_1026072877816706_1292449776962

2018年にも訪れておりまして二度目の再訪となりました。
前回訪れた時は虹を見ました。

日本の神社は山や水や木などを祀る自然崇拝が起源とされていますが
こちらも拝殿の奥は山。

 このように美しい清流が。

123328609_1309238136083131_8571003698041

三重県は肥沃な大地のため、野菜やお米などがとても美味しいのです。
その大地の栄養素が海に流れ、海産物も豊かなのだとか。
自然の恵み多き県だと思います。
自然の勢いというか、何かが違うのを感じるのですね。
畏敬の念。

もちろん
清流のごとく凛々しく生きよう。と誓いましたよ^^

| | コメント (0)

2020/09/12

旅にでられなくても、日常でより深く味わうために。

Img_3814   

今日の湘南は朝からシトシトと雨が落ちています。
私はこんな雨の日が案外好きで、心穏やかに静かに過ごすのを楽しみます。

新しい生活スタイルになって家で食事や家飲み?(と言うようですね)をされる方が増えたようですね。
以前は地方での展覧会などで出張が多く、外食を余儀なくされていましたが、
コロナ禍の今、やはり家族揃って食事をすることが多くなりました。

そんな時、主婦にとっては、食事の支度が億劫になることがありますね。
メニューを考えたり、手順を段取りしたり。
当たり前にみながやっていることですが、大変なことですよ。
私の場合、仕事で疲れていたりすると本当に何も考えられなくなったりします。

そんな時、お気に入りのうつわがあるといいのです。
我が家では「三谷さんの木のうつわ」が毎日登場します。
松本で住宅の設計の仕事をしていた時に三谷さんのお店である10cmを訪れ
一目惚れして購入したクルミの大皿。

木目と手作業の後がとても微笑ましく見ているだけでうっとりです。
最初はもったいない感じがしてフルーツを入れていたのですが
ある日、お料理がとても上手な友人が木のうつわを素敵に使っているのをみて
これにサラダを盛り付けてみました。するととっても美味しそうに見えて^^;

実際、生野菜の水気も落ちるので、美味しくなります。
今年の夏は、お蕎麦や素麺なども盛り付けてみました。
うつわを変えるだけで気分も変わるのですね。

Img_3815  

こちらは、名古屋に出張していた時に常滑で購入した急須。
工房を訪れ、作家さんに作る過程や美味しいお茶の入れ方などを聞くことができました。

このように旅の途中で気に入った食器や暮らしの道具を買うのが楽しいのです。
使うたびに旅の中の楽しかった時間や面白いエピソードを思い出します。
また、地方の文化も知ることになって、より深く味わえるのですね。

今、旅に出られなくても普段使いに食器で旅を味わうのも楽しいですよ^^
あなたのオススメのものがあれば、ぜひ、教えてくださいね。

-----------------------------------------------

ライフルタイルを整えて輝く未来にしよう!

オンラインセッション開始による特別企画!


豊かになるコンサルティングセッション 特設ページ

http://www.campaign.you-allabo.com/

詳しくはこちらの記事から








| | コメント (0)

2020/09/11

手紙はアート。感性を磨き続ける。

118988448_2654944214821565_8374219088644

京都鳩居堂より便箋が届きました。
仕事でもプラベートでも何かを贈る、または送る時は、必ず鳩居堂の便箋で一筆します。
以前はわざわざ京都まで行き、本店で買い求めた鳳凰の便箋を愛用していましたが
なかなか足を運べない今、ネットショップでこちらの花ふぶきにしました。

紙の質が違うのですよ。全く。他にはない書き味なのです。
万年筆でも筆でもボールペンでもストレスなく描けます。
また、目に優しい白で手触もとても良いのです。

今では手書きのお便りなど送らなくなりましたね。
でも、私はやはり手書きで贈りたい。
お手紙は、「ひとつの想いのカタチ」であると思うのです。

封筒の宛名、切手の絵柄、重さや厚み、肌触り。
紙やインクの匂い、筆跡のクセの愛らしさ
また、便箋にシワなどがあるとその人の息づかいも聞こえてきそうな…

ある意味、ひとつの作品でありアートであると思うのですね。
だからこそ、この文化を大切にしたいと思うのです。

五感を使って想いを伝える。
言葉が鍛えられるだけでなく、封筒や便箋にまで意識を広げると、感性が磨かれる。
これを面倒くさいといってやらないのはもったいないかな。

そしてそして「にほい袋」をぜひ創作のお供に。
これは便箋と一緒に保管しておくと、ほのかな香りが移ります。
封を開けると優しい残り香のようなものが相手の方に届くのです^^

視覚、聴覚、触覚に嗅覚をプラス。
一通の手紙を封するまでに、感覚が研ぎ澄まされていく。

今回私は、桜の香りのものをチョイス。
桜の香り、大好きなのですね。
京都に行くと桜アイスを桜茶とともに頂きますし
普段使うハンドクリームもボディーソープも桜の香りです^^;

アートは至極身近に。「用の美」に目を向ける。
効率を追求すると真っ先に削除されるのでしょうが
人がより良く豊かに生きていくためには大切なもの。
せっかく日本に生きているのだから。

嗚呼、そろそろ「用の美」を巡る奈良・京都に行きたい病が出てきました(笑)

---------------------------------------------


ライフルタイルを整えて輝く未来にしよう!

オンラインセッション開始による特別企画!


豊かになるコンサルティングセッション 特設ページ

http://www.campaign.you-allabo.com/

詳しくはこちらの記事から

| | コメント (0)

2020/09/10

新しい生活スタイルで見つけた大切な習慣

119001057_238265220904162_89830273764389

新しい生活スタイルになり、家にいる時間が増えました。
家にいると嫌でも目に入るインテリア。
そこで断捨離やDIYを始めた、という方も多く見受けます。
不要なものがなくなると、心がスッキリとして前向きな気持ちになりますね。
しかし、もっと何かやりたくなった方は失敗する前に、どうぞ私にご相談くださいね(笑)

私の場合、昨年が断捨離の一年したので、今年は新しい習慣に挑戦しています。
7月の事務所設立20周年の日のお食事会で熱心にTwitterを勧めてくださる方がおられました。
私のブログの読者さんでしたらおわかりかと思うのですが、
「140文字で話のオチがつけられる自信がない」というのがやらない理由でした。

しかし、勧めてくださる彼女も古くからの拙ブログの読者さん。
祐子先生のブログは高尚すぎてコメント付けづらいので少し身近な感じでお願いします。
とのご意見でしたので、ならばやってっみようかな、と、その場ですぐにはじめました。
その後、有り難いことに、「毎日、拝見できるのが嬉しいです!」とおっしゃってくださってます^^
もちろんコメントもしてくださいます!

最初は彼女に背中を押されていろいろな方と知り合うようになり
そのうちに価値観や考え方の合う仲間のようなものができはじめました。
今の大切なお仲間はみなさん、日々を工夫しながら前を向いて歩いています。
毎日、日常を豊かにしていくような小さな工夫がたくさんツイートされます。

その中の1つ。朝、お香を焚く、というものが私の胸にささりました。
あ、この習慣いいな、と思いまして、早速、鎌倉の亀頭 薫堂へ。
たくさんの種類に驚きましたが、湘南らしい名前のお香を見つけました。
それから毎日、お香を焚いてから仕事に取りかかるようにしています。

その日の気温や湿度、また、自分自身の体調などにより香り方が違うのがとても楽しいのですよ。
ふと、学生時代、珈琲専門店でバリスタをやっていたころを思いだしまして、結局すべての道は同じなのだと。
香道をいつかははじめたい、という想いがどこかにずっとありましたので、そんなお仲間もできました。
そして、私は香りによって何かを感じることが好きなんだな、と気づきました。

今はコロナ禍のため、外での活動はできませんが、こうして自分自信を深く掘り下げ、深化していくことはできますね。
世の中が静かな今こそ、落ち着いて楽しめるのかもしれません。
ご縁があってはじまった心地よい大人ならではの習慣。
これからも大切にしていきたいと思っています。

Twitterのアカウントは
@hany_18love

-----------------------------------------------

ライフルタイルを整えて輝く未来にしよう!

オンラインセッション開始による特別企画!


豊かになるコンサルティングセッション 特設ページ

http://www.campaign.you-allabo.com/

詳しくはこちらの記事から

 

| | コメント (0)

«スマートフォンから離れて今度はどこに行こう。